異世界不適合者の愚かな選択

meika

再開と陰謀

「なぁ、もう隠れてないで出てきたらどうだ?」

俺は後ろを向き、何も無いところでそう言葉を発すると、木の裏から人が現れた。
顔を隠しているから見えないが、体格から見て女だとすぐに分かるぐらい、服の上にボディラインがはっきりとしている。(主にむN……)

「だれだ?お前。」

「っ!!!」

口では何も言わずに、行動で示した。
まっすぐ俺に向かって突っ込んでくる。

「っ、何のつもりだ?」

女が持っている剣を俺の修羅で弾く。
何のつもりかはもちろんわかっている。
俺を殺そうとしている。
だが理由が分からない。
俺は長い間封印されているようだからこの時系列では誰かに憎まれることをした覚えはない。
学園の連中らはもっとないだろう。
なぜなら学園の連中らは俺の実力を知っている。
それ故に簡単にちょっかいをかけてくるはずはない。

ん〜、やはり思い当たる節はない。

「お前は、覚えていないのか?」

剣を弾いたあとに女はすぐさま俺に向けて剣を突き立てた、それを受け止めたら、女の方が声を発した。
女はゆっくりと顔に被せたものを取った。
女の顔は憎い目で俺を睨む。
やはり知らない人だ。
だが妙に懐かしい。
頭が痛む…。

「何のことだ?
俺はお前に憎まれることはしていない。
思い当たる節がない。」

俺は痛む頭を片手で抑えて女に問うた。

「ふざけるな!私はお前を許さない!お前のせいで!お前が〜!!!」

?!
なんだこれ………。
いや、ちがう、この女、俺はまちがいなくどこかで出会ったことがあった!
だが、思い出せない。胸を締め付けるような痛みがする。

「1度は封印したのにまだ死なないとは。
ならば今度は私が直々に殺す!」

「封印?!だと?」

「そう、500年前、お前を封印したのは私。」

………!

思い出した。
全てを思い出した。

「グリナ…。」

「思い出せた?
じゃあ、死んで!」

グリナの剣が俺の腹部を捉え、深く突き刺し、貫通した。
だが、俺はグリナを抱きしめた。

「なぁ、グリナ、頼む、俺を信じてくれ、
俺は魔王じゃない。」

俺はグリナを離し、グリナは少し後ずさる。

「俺は……」

嵌められたんだ。

そう言おうとした、だがそれは許されなかった。
グリナの腹部に突然大きな穴が空いた。

「やはりこの程度か……。」

「っ?!グリナ!」

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く