異世界不適合者の愚かな選択

meika

編入生と、蠢(うごめ)く影

「編入生!」

俺が移動しようとした時に、突然話しかけられた。

「ん?俺のこと?」

「あぁ、見たよ、君の戦いっぷりを、さすが公爵の推薦がある人だ。」

「あぁ、どうも。」

「ところで、編入初日だから、場所もわからないだろうから、もし僕で良ければ案内するよ。」

「本当か?それは助かる。」

「僕の名前は、レイド・アシュモーツだ、レイドで構わないよ、これからよろしく。」

「カナタだ、よろしくなレイド。」

「うん!」

俺たちは少し挨拶を交わしすぐに診断室に向った。

「ここが診断室だよ、僕達は学期が変わる毎にここで実力、つまりステータスの診断をするんだ。
ここで診断された結果は、今後の授業に反映されるからね。」

なるほど、生徒の成長度合いを図りそのレベルに合わせるってことか。

「なるほど。」

「それじゃあ僕の番が来たから行ってくるね。」

「あぁ。」

さて、俺の番になるまでもう少しかかるな。

「次!カナタ!」

あ、もう俺の番か。
「はい。」

「よう、新入り、なかなか面白い編入試験だったぞ。
これからも頑張ってくれ。」

「はい、ありがとうございます。」

「さて、ステータスを調べさせてもらうよ。
この上に血を一滴垂らしてくれ。」

そう言われて、プレートを差し出された。
俺はその上に血を一滴垂らした。
プレートを先生に渡した途端、先生が反応する。
「?!
こりゃどういうこった?」

「え?どうかしました?」

「あ、いや、それがステータスが表示されねぇんだ。」

「え?」

「ほら!」

そういわれ、プレートを渡される。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《ステータス》
カナタ
ーーーーー
ーーーーー
ーーーーー
ステータス
戦闘力:ーーーーー
HP:ーーーーー
筋力:ーーーーー
魔攻:ーーーーー
防御:ーーーーー
幸運:ーーーーー
スキル:不kーーーーーーーーーーー
YUN
称号:ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だった。

「こんなこと今までに起きたことがねぇな、
まさかステータスが全部表示されねぇとは。」

これは、俺が奈落にいた頃のステータスは完全に隠蔽できたってことか。

「それって、まずいんですか?」

「あぁ、別に生きていく上ではまずくはないが、この学園にいるなら少し面倒なことになる。
まず、このプレートは、自分を証明するものになるんだ、まあ、要するに生徒証だな、これを使って決闘を受けたり、申請したりすることや、寮への入室もこれを使う。
しっかし、表示されねぇとはなぁ〜。」

「はあぁ。」

なるほどな、このプレートってそんな役割があったのか。

そういえば、この学校って全寮制だっけ。

ちなみにルナは、長期休暇だったため、実家に帰っただけで、別に実家から通っている訳では無い。

「まあ、こっちで何とかするわ。
もういいぞ。」

あ、何とかするんすか、そうすかそうすか。

「はい。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「どうだった?」

「いや、まあ、色々あったんだ、聞かないでくれ。」

「そうかい?なら、僕も余計な詮索はやめよう、お互い戦力は隠しておきたいしね。」

「まあ、そういうことだな。」

「それじゃあ、学園も終わったことだし、この学校を案内するよ。」

「お!頼む!」

その後、レイドにいろんなところをあんないされて、この学園についての場所は大方把握出来た。
とまあ、こんな感じで、俺の編入1日目が終わった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ふふふふふふふ、久しぶりだなぁ。
○○○○よ、まさか、貴様を起こすのにここまで労力を要するとはなぁ。」

「…………何のつもりです?」

「なぁに、俺の厄介者があらわれたんだそいつを始末しろ。」

「……断ります、あなたのようにものになぜわたくしが協力しなければいけないのですか?」

「ふはははは、そうだな、でも、これを見ても貴様は協力しないのか?」

地面には、投射の魔法があった。
そこに映された映像に私は思わず息を飲んだ。

「っ?!」

「さあ、どうする?せっかくのチャンスだ、ものにしないとなぁ〜?」

「………。」

「ふはははははははは!!!」

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く