異世界不適合者の愚かな選択

meika

編入試験

俺はロイドに競技場まで案内された。
競技場は、多くの観客席を周囲に囲まれ、観客席には観客が多く座っていた。
観客の人は皆同じ服を着ている。
多分この学園の生徒なのだろう。

さて、競技場まで来たということは、試験が始まる。お題は何だろうな?

俺がそんなことを考えていると突然アナウンスの声が鳴り響いた。

『皆さんようこそ特別編入生の入学試験へ!
司会進行は私こと、ベルト・べードルトが務めさせていただきます!!
さて、今回の特別編入試験ですがなんと!あのレスファルド公爵が直々推薦したとの事です!
それでは、早速ですが、インタビューしたいと思います!』

アナウンスが終わるとベルト・ベードルトという人が俺に近づいてきた。

『ねぇ君、名前はなんというの?』

インタビューかーめんどくさいな、
まあ、適当に誤魔化すか。

『カナタと言います。』

俺が声を発するとそれは、さっきベルト・ベードルトが発したような拡散された声となって競技場全体に広がった。

おお〜すげぇな。

『なるほど、カナタさん!それでは、この度の編入試験!ズバリどこまで行くつもりですか?』

?どこまで?そんなの当たり前だろ!

『必ず合格します。』

………。
俺がそんなにことを言うと、突然競技場は、
シーン
となった。

何故だ?別に変なことは言ってないはずだろ?

『……。っ!ほほう、それはたのもしいですね!
さて、それではそろそろ無駄話もここまでにして!編入試験を引いていただきたいと思いまぁ〜す!』

ベルト・ベードルトがそう言うと、空中に手を出した、いや、手は消えた、手首だけ。
実はこの現象自体珍しくはない。
マジックボックス、アイテムボックスと同じ役割だ、ただ、魔力を使うというだけで、昨日はアイテムボックスとあまり変わらない。

そして、出てきたのはクジ箱だった。

『さぁ!ひいてもらいましょぉう!』

なるほど、引いた紙に書いてる内容が入学の試験内容になるということか、面白い。

俺はクジ箱の中に手を伸ばし、適当に一枚の紙を取った。

そのに記されていた内容とは。

<題:Aランク以上の魔物1000体抜き>

だった。
…………。
は?Aランク以上の魔物1000体?
これ編入試験だよな?

『あ〜これはやばいですねぇ〜
皆さん!なんとカナタくんが引いたのは!
難易度AAAの魔物1000体抜きです!
これは流石に辞退した方がいいのでは…』

アナウンスの声がさらに響く、周りもザワザワとうるさかった。たがたがA1000体、いいだろう、ウォーミングアップには最適なんじゃないのか?
魔王のダンジョンで無数の魔物を狩って来たんだ、今更Aなんで話になるわけがない。

『あのぅ〜どうなさいますか?』

引くわけがないだろ。

『えぇ、いいですよ、やります。』

『え?いや、冗談抜きに死にますよ?』

『何事も挑戦が大事です。やります』

『ほほう〜これはこれは!では!本人の了承も得たところで!編入試験を開始いたしまーす!』

ベルト・ベードルトがそう言うと、競技場内にまた大きな歓声が響き渡った。

そして、ベルト・ベードルトは、競技場の上にあったテラスに行き、編入試験が始まった。

競技場自体はかなり大きかったため、1000体の魔物ぐらいは、余裕で入るものだったため、一気に放たれた。

『さあ!編入試験が開始致しました!
実はこの学園!編入試験では死人が出ない方がおかしいとされているとの事ですが、カナタくんは、果たして一人でクリアすることは出来るのでしょうか!』

編入試験が始まると同時に実況を始めたベルト・ベードルト。

そして俺も戦闘態勢に入った。

俺は迫り来る魔物に対し、魔物の方に走り出した。

一番最初に俺に接近した魔物は爪をたて、俺を殺そうとしている。
だが動きが遅い、俺は手を虚空に魔物を切った、鋭い切れ味が魔物を両断した。

実は手で切ったのではなく、切る瞬間に修羅をアイテムボックスから出していた。

修羅から禍々しいオーラが溢れ出している。

『おおっと!なんだあれは!あの剣見たことのない形に、黒いローラを纏っている!
まさかカナタくんは召喚士なのか?!』

アナウンスがうるさいがそんなのは無視だ。

さて、のこり999、さっさと片付けてやるよ。

魔物の大軍が押し寄せてくる、だが俺は慌てることなく1つ1つ対処していった。

いろんな方角から攻撃が来るが俺はそれをすべて捌ききった、後ろから来た攻撃は、躱し、見に映る攻撃は、すべて弾き、カウンターで返した。

スキルの不屈がいい感じに働いてくれている。

今まで奈落で培ってきた戦い方を体がすべて覚えていたため、自然と動いた。

どんどん動きのキレが良くなっていくのを感じる。
魔法を使えば一瞬だろうが、そんなんじゃあ面白くない、せっかくだから体がなまってないか、測ってみたかったが、どうやらなまってはなさそうだ
俺はただ1人で乱舞していた、魔物は近づこうにも近づけず、逃げようにも逃げられず、ただ俺に殺されていく、斜めに一閃、縦に一閃、横に一閃。
俺はさらにギアをあげた、俺の速さはどんどん速くなった、魔法で攻撃されてもそれを利用して弾きほかの魔物に当てるなど、超高等な技術をサラッとやってのける。
俺はただ前に、魔物に向かって走り、切り続けた。

そして、気づいたら1000体の魔物が全滅した、競技場は赤色に染まり、生臭い匂いがプンプンした。もちろん俺は高速で移動していたため、あまり付いてはいなかった。

『な、なな、な、なんとおおおーーーーーーー
1000体の魔物をあっどういう間に全滅させたーーーーーーーー!
これはすごい!やばい!まさに最強にして最凶だぁーーーーーー!!!!今年の編入試験は!歴代でも最高なレベルだァァァァァーーー!!!!』

『うぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!』

観客席とアナウンスが、ドデガイ歓声を上げる。
これにて、編入試験は、終了した。

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く