異世界不適合者の愚かな選択

meika

第二の人生

気がついたら、そこは 部屋の中だった。
まだ少し頭痛がする。
俺は封印されていた。具体的にどれぐらい封印されていたかは知らない。
封印されていた頃の記憶もない。
俺が覚えているのは、封印されていたという事実だけだった。
コンコン
ドアを叩く音がする。
俺は警戒心を高めゆっくりと開くドアを見つめた。
すると、ドアの奥から現れたのは赤色の髪に大きな瞳、歳は15、6歳ぐらいの美少女だった。
赤髪の少女はこっちを見て少し微笑んで口を開いた。

「あら、起きたの?
体、もう大丈夫?」

透き通った声で、聞いていて心が落ち着く。

「きmi…はdaれ?」

長年声を出すことがなかったため
声が掠れて、うまく発音できない。

「ん?私?
私はルナ、ルナ・レスファルド
君は?」

俺はしばらく黙って彼女の目を見た。
悪意は感じられない。
「………おれのなまえはカナタ。」

「カナタって言うのね、いい名前ね
君、何故あの氷の中に封印されていたの?
あれ、魔法だよね?君が使ったの?」

何だ?初対面の男に急に質問を投げかけるのか?
いや、そもそもなぜあの氷が封印だわかった?

「覚えてない。」

俺がそう答えると、彼女は少し悲しい表情を浮かべた。
俺に同情しているのか?
優しい人だな。

「そう、なのね
なにか覚えていることはある?」

俺が覚えていること。
それは、俺自身について、俺の名前は甘村井 縁
今はカナタと名乗っている。
勇者召喚に巻き込まれてこの世界に飛ばされた。
クラスメイトに奈落に落とされた、だが俺は生きて奈落から出た。
その後は……
うぅぅ……
頭が痛い、どうやらそれ以上は思い出せそうにない。

「大丈夫?」

俺が頭を抱えて疼いていると、彼女はそばへ寄って、手を伸ばしてくれたが、その手は途中で止まった。

「あぁ、ごめん、いや…だったよね。」

何のことだ?

「いや、別に構わない。」

「このスープ飲んで、薬草を入れてるから体力が回復するよ。」

「なぁ、なぜ見ず知らずの俺にそんなに優しくする?」

俺がそう聞くと、さも当たり前のように答えた。

「困っている人がいるのに、それを放っておけないよ。
それじゃあ、私、部屋の外に出るから。」

「……ありがとう。」

「ん?何か言ったの?」

「あぁ、いや、別に。」

「そう?じゃあまたね。」

彼女はそう言って、部屋から出た。

俺は彼女の気配が感じなくなると
ステータスを開いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《ステータス》
カナタ(甘村井 縁)
ERROR
種族:
職業:魔王
ステータス
戦闘力:ERROR
HP:ERROR
筋力:ERROR
魔攻:ERROR
防御:ERROR
幸運:ERROR
スキル:パーフェクトマスター、空行、転移、不屈、知識庫、魔力コントロール
ユニークスキル:■■
称号:不運な人、絶望、否定する者
這い上がりしもの、欠けたもの、砕けたもの
化け物、永き時を彷徨う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「そうか、ステータスは変わっていないようだな。」

俺はアイテムボックスから、以前に使っていた刀、『黒刀・修羅』を取り出した。

(なんじゃ、汝、何者?我を手にするとは)

頭の中に声が響く。

「長年、使ってなかったから記憶でも失くしたか?」

(汝!あの封印から抜け出したのか?)

「あぁ、何故だが記憶が無い。」

(そうか、ところで汝、これからどうするつもりじゃ?)

「あぁ、俺の記憶を取り戻す。」

(そうか…汝の為すがままに。)

あぁ、もちろんそうするつもりさ、と入ってものの、手掛かりがない。

俺はベットから降り、部屋を出た。
するとそこには彼女姿がいた。

「あら、もう起きて大丈夫?」

「あぁ、頭痛も引いた、もう大丈夫だ。」

「そう?良かった!」

彼女は、微笑んでくれた。心からそう思ってくれているらしい。

「ねぇ、君、どこからきたの?」

また質問してきた。

「済まない、俺が覚えていることは俺自身の事だけだが、出身地は分からない。」

「そうなのね…。」

「あぁ、済まない。」

「うぅん、謝らなくていいよ、悪いのはあなたじゃないし。」

「そうなのか?」

「うん!」

「ところでここはどこだ?」

「ん?ここ?ここは私の家だよ。」

「出口はどこだ?」

「出口ならあの突き当りを右に曲がって2つ道がわかれてるから、その道を左に曲がって、それで、そこにはドアがいっぱいあるから左の手前から5番目のドアを開けたら、ロビーがあるからまっすぐ行けばいいよ。」

「…………済まない、もう1度頼む。」

俺がそういうと、彼女は少し苦笑いを浮かべて

「あはは、家は広いからね、しょうがないよ
でも、出口を知ったところで、今は夜だよ?」

「え?そうなのか?」

「うん、でもあなた行く宛ある?」

「……いや…それは…ないです。」

「でしょ、だからここに泊まっていいよ!」

「え?でも迷惑じゃ……。」

「うぅん、大丈夫だよ。」

「そう…か、ありがとう。」

ぐぅぅーーー。
俺が礼を言うが、俺のお腹はタイミングを読まずに鳴る。

「あ……。」

「お腹空いたの?」

「あぁ、いや…これは。」

「じゃあ、食卓へ行こうか、案内するよ。」

「済まないな、助けてもらった上に、飯まで…。」

「うぅん、いいの。好きでやってる事だから気にしないでいいよ。」

少しのあいだ歩いて、やっとついた。

「ここよ。」

これまた立派な部屋だった。20人は座れる長机に椅子が20脚、それぞれに食器が置いてあり、食器の上には料理が置いてある。
そして、その一番奥には、男が座っており、その隣には女が座っていた。

「紹介するね、私のパパとママ。」

すると主人の方からこっちに近づいてきた。

「はじめましてルナから聞いたよ、氷の中から出てきたってね、若いのに随分と苦労してるみたいだな。」

思っていたよりは優しい人だった。

「いえ、そんなことは…。」

俺は何をいえばいいのかわからず、言葉に悩む。

「お父さん、そこまでにして、夕飯にしましょ!」

俺が困っているのを見て、女の人が助けてくれた。

「あぁ、そうだな。あぁ、君適当に座ってくれここを自分の家だと思ってくつろいでいいから。」

「ありがとうございます。」

正直、この家族には頭が上がらない。
助けてもらった上にここまで優しくしてくれて。

テーブルの上には豪華な料理が並べてあった。
この量を家族全員で食べることは不可能なぐらいに。
となると残された可能性は、使用人、そして、この量から見て、それもかなりの量だ。
このことからこの家族は貴族だと推測できる。

俺は自分の分を食べ終わったあとずっと椅子の上に座って考えていた、俺の記憶の手掛かりを探すのはいいが、どうやって探すか、いまいちだ。
ならば、いっそう。

俺は全員が食べ終わるまで待ち、食べ終わっていいタイミングで話を切り出した。

「あの!一つ、お願いしてもよろしいですか?」

「ん?なんだね?私に出来る範囲ならできる限り協力しよう。」

俺が突然話しかけたことに対しても動じず、冷静に返してくれた。

「俺を…俺を引き取ってください!!俺は行く宛もないそれに何より俺を助けてくれた命の恩人だ!そのお礼がしたい。」

俺がそういうと主人は、少し考え、そしてそれに、同意してくれた。

「あぁ、もちろんいいとも、実はそうじゃなくとも君を雇うつもりだったよ、人が封印されたと言うことは封印術を使わなければならないぐらい強いって言うことだ、それだけ強い上なら、君にはルナの護衛を頼みたい、それに、見た感じではそう悪い人には見えないからな。」

やはりこの人はすごい人だった。
人を見る目はよく、性格も優しい、人当たりも良さそうだ。

「あ、ありがとうございます!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうして、俺の第二の人生は今、始まった。

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く