異世界不適合者の愚かな選択

meika

終焉

俺とグリナは今、浜辺にいる。
一緒に月を鑑賞していた。
優しく頬を撫でる潮風、
心地よく響く波音、
俺の隣に寄り添う恋人、
こんな時間がいつまでも続いてほしい。
そう思っていると、ふと、グリナの方から話しかけてきた。

「ねぇ、カナタ様。」

俺の隣で、俺に抱かれていたグリナは、見上げて、俺を呼ぶ。

「なんだ?」

俺はそれに優しく答えた。

「私、もう一つ見たいものが出来ました。」

人は欲深い生き物だ。
何かを成し遂げれば、次のことを求む。
それはたとえ一国の姫であっても同じのようだ。
そんなグリナに俺は、微笑んで返した。

「そうか、何が見たいんだ?」

「はい!それは、日が昇る瞬間です。」

沈む瞬間を見たなら次は昇る瞬間を見たがる。
姫様は、そんなことも許されてなかったのか?
意外とこの国王は、厳しいんだな。
だったら何故国の外に出したんだ?
それとも逃げてきたのか?

色々と疑問は浮かぶ、が、そんなことはどうでもよかった。そんなことよりグリナの方が大事だ。

「そうか、じゃあ一緒に見ような。」

俺がそう返すと、グリナはとても嬉しそうに微笑んでくれた。
俺としても、可愛いグリナの顔が見れて満足だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、こんな幸福な時間がいつまでも続くわけがなかった。

空は黒く澄んでいた。
その空を幾つもの影がまるで引き裂くように横切った。
グリナもそれに気付いてパッと起きる。
顔は一気に険しくなり

「魔物…ガーゴイルです!
あの方向は…ガルナ王国の方です!」

「なんだと?!夜襲か?!」

いや、にしては、数が多すぎる。
嫌な予感がする。
それにガーゴイルは速い、本気を出せば
誰にも気付かれずに飛ぶことだってできる。

「グリナ!こっちへ来い!」

「はい!」

俺はグリナの手を握って、転移を使った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
王国についた。
すると、突然兵が俺たちを囲う。

「どういうつもりだ!」

俺がそう聞くと、騎士団団長が、前へ出た。

「王国を欺いた貴様には話すつもりは無い!」

「王国を欺いた?
どういう意味だ?」

何を言っているのか意味わからん。

「とぼけるな!貴様がグリナ姫を外に攫い、その捜索に兵を当てた時に魔族に奇襲を仕掛けさせただろ!」

「どういうことだ!
姫を攫ったのは確かだが、魔族に奇襲を仕掛けさせた?
何を言っている?」

「お父様!お父様は?」

グリナが大きな声で叫んだ。
すると、兵は一同に頭を下に向いた。

「国王は、奇襲の時に、殺された。」

「なん……だと?
国王が死んだ?」

バダン
俺の横でグリナが倒れた。

「え?嘘?
お父様が……」

目が虚ろになり、現実を受け入れられずにいる。
俺ももちろんそうだ。
国王が死んだことも、俺が奇襲を指示したことも。
俺がそう考えている時に騎士団団長が

「姫様!あいつから離れるのです!
あいつは魔王です!
私水晶を使ってあいつの事について調べました
するとステータスに、魔王と書かれていた!
これは揺るがぬ事実!」

団長が、そう叫ぶと、グリナは急に立ち上がった。
虚ろな目から、一変し、3分の憎しみと7分の信じられない目で、俺の見つめた。

「どうなのですか?
団長様が言っていることは本当なのですか?!
どうなんですか?!
答えてください!」

グリナは俺の体を強く揺さぶった。
俺は、何も答えることが出来なかった。
自分の恋人には嘘はつけない…
しかし

「俺は……
あぁ、俺は確かに魔王だ!
だが!俺は魔族に奇襲を仕掛けさせるようなことはしてない!」

本当のことである。

するとグリナは、今までの感情を一つ残しすべて閉ざした。
残されたのは、強い憎悪だった。

「すべて嘘だったのですか…」

「違う!俺は本気だ!」

「この後に及んでまだ……」

「姫様!こちらへ!」

団長が、叫ぶ。

「うるさぁい!」

初めて聞く、グリナの怒った声だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もし、あなたと私わたくしの出会い方が違うのであれば。
こんな気持ちになることはなかったのでしょうか?
こんな結末を辿ることもなかったのでしょうか?
あぁ、愛しのあなた、憎いあなた》

城の外は戦場、
人族は獣人族と結盟し、魔族と対抗している
戦場は赤色で染まっている。それに、同調したかのように天空も紅色に染まっている。
とてもこの世のものとは思えない悲鳴。

このような結果をあなたは願っていたのでしょうか?
愛おしくて、憎いあなたが私の中をかき乱す。
《もし運命が存在するのなら私はきっと願っていたでしょう。あなたと私が、違う形で出会うことを
こんな気持ちにさせるあなたを私は……》

そう、運命が存在するのならきっと、私達はきっとやり直せます。
このような悲しい歴史を辿ることのないような。
そんな運命に……
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
此度より、我らは
この大戦に、悲しい歴史に、終止符を打ちます!

「姫様」

「グrin」

俺が叫ぶより前に、俺の足元に魔法陣が現れた。
それは一瞬の速さで俺とグリナの足元を包み。
そして、

【古き時代に起こしり惨劇、我は我を生贄に祈りを捧げん、さすれば我が願い聞き届け給え!】

グリナによる詠唱。
それが終わった途端

兵士は皆消滅し、城には凄まじい冷気が侵食する。
グリナの体がみるみる凍っていく。
俺はそれを見て

「グリナ!」

と叫びながら、グリナの元へ走ろうとした。

しかし、俺の足元は既に凍っており、まともに動くことすらできなかった。

「くそ!」

『ユニークスキル:否定を発動』

凍るのを防ぐために使った。
だが、それはまるで意味をなさなかった。

俺の足元の氷が一瞬消えただけだった。
しかし、それはその一瞬で、グリナの元へ駆けつけた。
グリナは既に凍っていた。
俺は凍っているグリナを抱え、目に涙を浮かべる。

俺の体はもう凍っていた。

(くそ……何でこんなことに…
くそ……くs…。)

城は崩れ、残ったのは一つの、氷の塊だけであった。

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く