異世界不適合者の愚かな選択

meika

報酬

馬車の中からは
キレイなドレスを身にまとった
女性が現れた。

「っ!」

俺は息を呑む。
女性は整った顔立ちで
俺に微笑みながら見つめている。
とても綺麗な女性だった。
俺の国語力では、とても表しきれない
まさに、この世の宝!
そう思えるほどだった。

「どうかなさいました?旅人様」

俺は彼女に見蕩れていた
彼女が、声をかけて俺は
ハッ!
と気がついた。

「いえ、なんでもありません。」

俺は、脳が混乱し、思うように言葉が出なかった。

「そうですか、良かったです。
私は、ガルナ王国の姫
グリナ・ミルフォード・ガルナ
と申します。
旅人様、私を助けていただき感謝します。」

ガルナ王国の姫様か~、どうやら俺はとんでもない人を助けてしまったみたいだ。
俺はなんとか、話を繋げようと口を動かそうとする。

「いえ、森を散策していたら、1台の馬車を大勢の人が囲っていましたので近くに寄ってみれば、盗賊に、襲われたのだとわかり、助けに来ました。
姫様こそ、お怪我はありませんか?」

俺はなるべく無礼のないように振舞っているつもりだ。
なぜなら俺の知識庫によると、ガルナ王国は、言わばこの世界のトップに君臨する国。
この国の動き一つで世界が動くと言っても過言ではないほどの、力をもつ大国、俺もできればそんな大国のお姫様とは問題を起こしたくない。

「いえ、私は騎士様や、旅人様に助けていただいたゆえ、怪我はございません。
所であなた様のお名前をお伺ってもよろしいでしょうか?」

あぁ、そう言えば、お姫様は名乗ったのに俺がまだ名乗ってないな。

「これは、失礼しました。
私はカナタと申します。」

一応一人称を変えて、(俺→私)
振る舞う。

「カナタ様…ですね。
覚えました。
それでは、カナタ様、僭越せんえつながら
私達と同行を、お願いしてもよろしいでしょうか?」

これは思わぬ収穫だな、お姫様との同行
それも、ガルナ王国と来た、俺はその話に乗ろうと思うが、

「姫様!
なりません!!
このような素性も知らない男を同行させるなど!!
それに、さっきの魔法、あれはどの魔法書にも乗らなかったものです!
おまけに旅人、旅人なら、旅を急ぐのに、我らと同行するなど、あちらとしても!!」

「騎士様!
おやめなさい!
カナタ様は、私達を救ってくださった命の恩人です。
命の恩人なら、国に招き入れ、しっかりとおもてなしをするべきだと思いますが?」

「しかし……」

「騎士様!
私の話が聞こえませんの?」

何やら揉めてるようだな、俺が突っ込むのもめんどくさいし、ここは、大人しく見ておくか、
一応、姫様は結構人情を大事にするタイプみたいだし。

「っ!……仰せのままに」

おいおい、不満って顔にはっきりと出てるぞ~。

「カナタ様、よろしいでしょうか?
同行をお願いしても。」

もちろん断る必要はない
むしろ願ったり叶ったりだ。

「えぇ、もちろん構いません。」

「ありがとうございます!
それでは、馬車の方へお上がり下さい。
急いで出発致します。」

「はい、分かりました。」

俺は言われるがままに、馬車に上がった。
数分もしないうちに、馬車は動き出した。
もちろん俺の隣には、お姫様が座ってる。
とても凛々しい振る舞い、
見とれてしまう。

「あの~カナタ様?
カナタ様は、確かに旅をしていらっしゃいますよね?」

「ぇ?!」

思わず間抜けな声を上げてしまう。
くぁ~恥ずかし~。
でも、すぐに取り繕う。

「えぇ、一応旅をしています。」

そう答えると、お姫様は、目がキラキラと光に
俺の方に寄ってくる。

「できれば旅のお話をお聞かせていただけないでしょうか?」

やっぱりな、お姫様って、どうしても外のことが気になるんだよな~
囚われの姫ってやつ?
まあ、一応奈落にいた頃の話を適当に
話す、もちろん、必要最小限に。

そうこうしているうちに、馬車が止まった。
どうやら着いたようだ。

「姫様、
到着致しました。」

騎士が、馬車を開き、声をかける。

「えぇ、分かりましたわ。
それでは、カナタ様、
王宮の中へご案内致しますわ。」

まさかの王宮の中に、案内してもらうことになった。

「姫様!なりません!
そのような奴を王宮の中に、入れるのは
王族の恥ですぞ!」

また、騎士様とやらがキーキャー喚く。
しかし、

「命の恩人様を王宮に招き入れないことこそ
王族の恥だと思いませんの?」

さっすが姫様~やるぅ~~

「それでは、カナタ様、こちらへ」

俺はお姫様の後ろについて、そのまま王宮の中へ入った。
暫く歩いていると
目の前に立派な扉があった
そのすぐ近くで姫様は、立ち止まり。
後ろを振り向く。

「ここで、少々お待ちください。」

姫様は、そう告げて、扉を開け中へ入っていった。

暫く、扉の前で立っていると、姫様が
出てきて、俺を中へ招き入れた。

目の前には玉座があり、その玉座には
王様らしき人が座っていた。
とてつもない威圧を放っている。
王様らしき人は、暫くを俺見つめ
静かに口を開いた

「我が娘の命の恩人とは、主の事か?」

とても冷たく、低い声。
俺の背中に悪寒が走る。
だが、実際に戦ったとしても勝てない訳では無い。
俺は恐る恐る口を開き
こう告げる。

「はい、旅をしている最中に
襲われているところを発見し
助けた所存です。」

「うむ、主の行為には、感謝しょう。」

「いえ、当然のことをしたまでです。
それでは私は、これにて、失礼させていただきます。」

俺はさっさと話を終わらせてトンズラしようと
話を切り上げようとするが。
それを王様は、許してくれるはずもなく。

「まて、主は、我愛娘の命の恩人
そのまま返すのは、王族の恥だ。
なにか、褒美をやろう。
主を我が国の貴族としよう
爵位は
子爵でどうだ?」

うわ~やっぱりそうなるよなぁ~。
めんどくさい、ここは、断っておくか、
色々と悪目立ちするのは嫌だしな。

「いえ、私は、褒美が、欲しくてした訳ではなく、ただ、すべきことを行っただけです。
そのようなことで、私を貴族にしてしまってはほかの貴族の面目も立たないでしょう。」

しっかりと理由も付けて、俺は断っているつもりでいた。

「ふむ、そうか
爵位は欲しくないという訳か
確か、旅のものと聞いたが
我の愛娘を、救って頂いたのだ
このまま返すわけにはいかん。」

えーーーー
マジでめんどくさい

「旅のものなら、我王宮に住むが良い。
部屋は腐るほど空いておる。
それならどうだ?」

(え?まてまて、おかしくないか?
旅のものって言ってるのに、なんで止めようとするんだ?
………!!あ…)

俺は知識庫を使い、調べる。

(そうか、この世界では、{旅をする}ってのは帰る場所がなく、たださ迷っているだけの存在っていう意味だったのか!!しくじったぁ~)

くそ、そうなってしまっては、言い逃れは出来なさそうだな。
素直に受け入れるしかなさそうだな。
しかし、しっかりと、旅をしている者のフリも、忘れずに

「よろしいのでしょうか?!
それでは、言葉に甘えさせていただきます。」

「うむ。」

俺がそう答えると、王様は、少し微笑んで
首を立てに振った。
俺は振り返り、王宮から、出ようとする。

「あぁ、そうだ、カナタといったかな?」

俺が王宮から、出ようとすると
王様が急に声を掛けてくる。

「はい、まだ何がございますでしょうか?」

「いや、実は、グリナの話によると
見たことのない魔法を使っておったようだが」

あ~、あの話な、まあ、適当に作った魔法だが…

「はいそうですが…」

「ふむ、あの、土魔法は1体誰から教わったのだ?」

やっぱり、気になるよな~。

「はい、あの魔法は、私が作った魔法です。」

まあ、隠すことも無いし、俺は正直に言った。

「なんと、主、魔法を作れるのか?」

俺の答えに、王様は大きく驚いた。
そんなに驚くことか?

「はい、そうなります。」

俺がそう答えると、王様は少し笑い

「そうか、なかなかの、魔法適性値じゃのう。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
魔法適性値:
この世界には、武術適性値と、魔法適性値があり、それぞれの適性値が、高ければ高いほど
その分野の発展が目覚しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「はい、少しは。」

「ふむ、よし、決めた、主を我愛娘の、護衛役を頼もう。
ただ王宮に住むだけでは、退屈じゃろう
もちろん、報酬は出そう。
どうだ?」

まさかの金儲けができてなお、住むところもできるとは。
ラッキ~♪
魔王城?ナニソレ?オイシイノ?

「仰せのままに」

俺はお辞儀をして、再び、後ろを振り向く
扉の前には、姫様がいた。
姫様は、俺を待っててくれてた。
俺が近くによると
姫様が、近くに寄って
小声で

「これから、よろしくお願いします♪」

と、俺に言った。

(うお~近くで見るとやっぱり美人さんだなぁ~)

俺はドキドキしながら、姫様に、寝室に案内してもらった

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く