異世界不適合者の愚かな選択

meika

黒刀・修羅

さて、攻略するって言っても、俺はダンジョンには、あまり詳しくない
おまけに、モンスターは元魔族と来た…
まあ、しらみつぶしに歩き回るしかないな
念のため、一度通ったことがあるところは
修羅で傷をつけて、迷子をしないようにしないと

「ゴァッーーーーーーーーー!!」

「?!なんだ??」

俺が動こうとした瞬間に、突如
叫び声が聞こえる、そして、

コトン!!コトン!!コトン!!

と、大きな足音が、走って
こっちに向かってくる音がする。

「ゴァッーーーーーーーーー!!!!!」

それにつれて
声も段々大きくなってきている。

これはやばい、今までのモンスターに比べれば天と地の差があると、俺は直感的にそう感じた。

逃げないと!!!

俺はそう思ったが、俺に選ぶ権利など無かった。
俺が逃げ出そうとした時にはもう既に遅く、モンスターはもう、すぐ目の前まで、来ている。

戦うしかない!

逃げ道がないと一瞬で判断し、相手を観察する。
かなりの巨体で、2mぐらいはあった、
今までのモンスターの中でも、群を抜いて、大きく、色は、青で、牛のような形をした顔に、頭の上には角が、二本、そして、左手には大きな鉈を持っていた。
いわゆる、「ミノタウロス」だった。
しかし、体が大きいせいか、動きはそこまで早くないように感じた。

いける。あの速さなら、まだいける。

この3ヶ月のダンジョン生活を経て、俺は戦う時は、速さが重要だと思った。なぜなら、自分が速ければ、相手の攻撃を躱し、その間は、相手ががら空きになるからだ、力が足りない分、多く切り刻んだり、魔法、で補う。そうすれば、楽に倒せるはずだ。

「ゴァッーーーーーーーーー!!!!!」

ミノタウロスは、すぐ目の前まできた、ミノタウロスは、左手に持った鉈を、大きく振りかざし、こっちに向かって、振り下ろす。

「甘い!そんなおせぇ攻撃、当たる負けないだろ!」

俺はそれを華麗に躱し、背中の方に回る、あらかじめ、アイテムボックスから、取り出した修羅で、背中に一太刀入れた。
修羅はミノタウロスの肉に深く抉りこんだ。

「流石、魔刀なだけあって、切れ味は本当にいいな、」

俺は、ミノタウロスに一撃を入れたことによって気が少し緩んだのか、修羅の考察をする。
知識庫のスキルを持ってたから、修羅の切れ味については、知っていたし、トカゲモドキと戦う時にも、その切れ味に助けられたが、やはり何度でも驚くほどに切れる。
しかし

「なに?!」

「ゴォーーーー!」

ミノタウロスは、何事も無かったかのようにまた、こっちに向かって走ってくる。

「おいおい、マジかよ。」

そう、まるで痛みなど感じないかのように

「だったらこれでどうだ!!」

俺は、魔法を発動させた、腕から、青色の炎が出た、炎魔法を発動させた、魔王になったから、
炎が、青色になった、青い炎は、赤い炎より、威力は高いが、コントロールが、難しく、魔王にしか使えない、しかし、俺の渾身の一撃が効かなかったため、少し焦った、だから、炎が青になってることには気づいていない。

トカーーーーーーッン!!!
と大きな爆発音がする、

「これなら少しは効いただろ!」

しかし、俺には嫌な予感がした、着弾した所は青く燃え上がり、黒い煙を出している、その中に、黒い、牛みたいな影があった。

「ッッ?ッ?!」

「ゴァーーーーーーーーー!」

そう、ミノタウロスだった、俺の魔法の攻撃を浴びてなお、こっちに走ってきいる、スピードも緩む気配はなく、爆走する。
こっちに向かって、鉈を振りかざし、振り下ろす。

「なに?!速くなってるだと!?」

ミノタウロスの動きが速くなった
俺は、ミノタウロスの攻撃を紙一重で何とか躱した、しかし、このままでは不味い、どうやら、このミノタウロスは、戦う度に強くなるようだ
モンスターに、理性が無いことは、手帳に記されていた、そのため獲物があればそれに、全力で飛びつく、さっき、走って来る時のスピードが、全速力なら、多分、スピードが、上がってる、つまり、何かのスキルで、戦う度に強くなるとか、そういうスキルだろう。
しかし、このスキルはヤバすぎる、長期戦になればなるほど、こちらに不利になる。
その上、防御力が高い、修羅じゃあ、まともなダメージも与えることは出来ないだろう。

「おいおい、どうなってんだよ!!あんのモンスター!本当に勝てるのか?!」

俺は思った、もし、修羅の形が変われば、戦いやすくなると、しかし、俺の持つスキルの知識庫の中にそのような性能は無かった。
つまり、

「詰みだな…こりゃぁ~…
だがまあ、最後まで抗わさせてもらう、もう、何も抵抗なしに死ぬのは、もうやなんだからな」

俺は諦めかけたが、その時、脳にふと、声がよぎった。

(なんじゃ、汝、形ぐらいなら変われるぞ)

え?なんだって?ってか、だれ?どこにいる?

(もう我を忘れたのか?我じゃ、修羅様じゃ)

え?俺は手に握っている修羅に目をやった。

「お前!喋れたのか?!」

(当たり前じゃろうが、我とて魔刀、喋れなくてどうする)

「いや、今はそんなことはどうでもいい、それより、形は変わるって本当なんだろうな?!」

(あぁ、本当じゃ、しかしな、いくつか制限と、媒体の必要があってだな)

「そんなことは後でいい、どうやれば出来る?」

(ワハハハ、面白いのう汝、我の話などどうでも良いのか、そうかそうか、良かろう、気に入った、教えてやろう、と言っても、変わりたいものを強く念じれば良いだけじゃ、媒体は、魔力)

「くそ!もっと早く言えよ!」

そう言って、俺は早速、修羅に魔力を流し込み、俺の思い描いたように、武器の形を変えていった

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く