異世界不適合者の愚かな選択

meika

否定

「さてと、まずはここから抜け出さないとな」
俺は当たりを見回す

どこにも出口らしきものが無く
モンスターの気配もない
そこで俺は急に喉の乾きを感じた
さっきまでキモイのと戦ったから
感じなかったけど
気が緩んだ今になって
はじめて感じとった
俺は池の方に目をやる
「この水…飲めるのか?」
俺はこの池の中の水はキレイなのか
どうなのか、心配していたが
喉の乾きがそれを許さなかった
(仕方ない…ないよりかマシだろうな)
俺はこの池水に口をつけた
(ん?!)
案外美味いぞ!これ!
俺は喉の乾きが潤うまで飲み続けた
「くはーーーーー」
なんだこの水は!!
うまいではないか!!
すると、さっきキモイのにやられた
傷口が、痒くなるのを感じた
俺はその傷口に目をやると
傷はみるみる治っていく
「おお~!!」
なるほど、治癒の水みたいなものが
コイツはいい、少し持っていこうか
………

つってもどうやって
持っていくんだ?

…………
あっ!!!そうだ!
思いついたぞ!
ここはユニークスキルの出番だな!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ユニークスキルを発動
否定:俺がアイテムボックスを
持たないことを否定。』
[スキル:アイテムボックスを取得]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おっ!やっぱりな、思った通りだ
否定っていうスキルは
どんな事でも否定できる
それこそやろうと思えば
世界も息をするように壊せる
「うわ~恐ろしいなぁ~」
でも、こんな強力なスキル
制限なしで使えるのか?
何だか、怪しいな
そうだ!よし!ガイドを作ろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ユニークスキル発動
否定:知識を持たないことを否定。』
[オリジナルスキル:知識庫を習得]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…………
なるほどな、大体わかった
制限とかは、ないのか
ん~、何だかそれだと俺tue--------
って出来るな!やったな!
でも
制限つけてくれた方が
面白そうだけどな!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ユニークスキルを発動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おい待て!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
否定:制限が無いことを否定。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっとまって、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[オリジナルスキル:制限を習得]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いやいやいやいや、
何でだよ!
なんで勝手に発動したんだよ!!
いや、今はそんなことより
この制限っていうスキルについてだ
「制限:自分のユニークスキルに制限がかかる
制限内容:
1本気でそう願ってない時
2ピンチの時
3■■■■■■■■■■■■■■■■
4■■■■■■■■■■■■■■■■」
マジかよ…
以外とめんどくさいな
じゃあ、実験だ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ユニークスキルを発動
否定:否定の自動発動を否定。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
……なるほど
本気で願ったが
やはりか
制限というスキルは
その条件のどれか一個でも満たされれば
解除されるのか
なるほど、じゃあ
『ユニークスキル:否定の発動を制限』
なるほどやっぱりな
さっき俺は
あのキモイのともう一度戦いたい
って思ってユニークスキル発動させてみたが
制限がかかって発動せず
よし、そうと分かればいい
その条件を満たせばいくらでも使える
でも…見えたい3、4の部分はなんだろう?
まあ、そんなことはどうでもいい
これで、方針はほぼ定まったな
この奈落に残って俺は修行をする、
学校へ行くのはもう少し先になるが
それでも、ユニークスキルに制限が
かかっている限り、俺にある力は少ない
だからもっと強くならないとな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうして俺の奈落での生活が始まった
それはとても辛く、苦く、そして厳しかった
そして、どれぐらい時間が経ったのか
わからないが
この奈落で俺に勝てるモンスターはいなくなった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く