異世界不適合者の愚かな選択

meika

運命の歯車はすでに

《もし、あなたとわたくしの出会い方が違うのであれば。
こんな気持ちになることはなかったのでしょうか?
こんな結末を辿ることもなかったのでしょうか?
あぁ、愛しのあなた、憎いあなた》

城の外は戦場、
人族は獣人族と結盟し、魔族と対抗している
戦場は赤色で染まっている。それに、同調したかのように天空も紅色に染まっている。
とてもこの世のものとは思えない悲鳴。

このような結果をあなたは願っていたのでしょうか?
頬に流れる生暖かい雫を拭い、
私はそう強く願いました。
愛おしくて、憎いあなたが私の中をかき乱す。
《もし運命が存在するのなら私はきっと願っていたでしょう。あなたと私が、違う形で出会うことを
こんな気持ちにさせるあなたを私は……》
「決意します!私はこの大戦を終結させます!」

そう、運命が存在するのならきっと、私達はきっとやり直せます。
このような悲しい歴史を辿ることのないような。
そんな運命に……

此度より、我らは
この大戦に、悲しい歴史に、終止符を打ちます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ん、ん~」
あったかい日差しが窓から差し入り俺は目を覚ました、昨日は色々ありすぎて、状況がまだ飲み込めてない、まずは現状を整理しよう
まず、俺らは、クラス転移された、フィーナ・フィアインという王女様の話によると、じきに魔王が蘇ろうとしている、国を守るために勇者召喚を行い、魔王との対抗手段を手に入れようとした。
「っと、こんなもんかな?…
にしても…夢じゃなかったんだな…っつーか俺勇者召喚されたのになんつーステータスなんだよ!」
ちなみに
小野寺 佳薫と天野 聖のステータスはこちら
小野寺 佳薫
16歳
種族:人間
職業:歌姫
ステータス
レベル1
HP:1500/1500
筋力:809
魔力:2053/2053
防御:1523
幸運:1093
スキル:成長力up、聖歌<攻撃力up>、<聖歌HP回復>、聖歌<防御力up>、聖歌〈幸運up〉
称号:歌姫、召喚されし者
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天野 聖
16歳
種族:人間
職業:勇者
ステータス
レベル1
HP:2053/2053
筋力:2690(+200)
魔力:1035(+200)
防御:1965(+200)
幸運:500(+200)
スキル:成長力up、女神の加護、縮地、一閃、限界突破、剣術マスター
称号:勇者、召喚されし者、女神の使徒、救世主
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキル説明:
成長力up:これを持つものは全てのステータスとレベルが上がりやすくなる。

聖歌:聖なる歌、歌うことによって歌い手がかけたい人にその効果をかけることが出来る、いわゆるBUFFをかける。

女神の加護:これをもつものは全てのステータスを+200する。

一閃:名前の通り、剣を横に見えないぐらいの速さで一閃する技(使用者の技量によって威力や速さが変わる)。

限界突破:これを使っている時は、全てのステータスを二倍にする。

剣術マスター:全ての剣を扱うことが出来る(例外を除く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とまあ、いい感じにぶっ壊れてる。
ちなみに今はダンジョンにいっている。
え?早くないかって?いいえ、これが鍛錬です!
「ここで、一度休憩を取る、荷物を下ろし、しっかりと休め!まだまだ道のりは長い!」
「「「「「「はい!」」」」」」
「ゴクゴクゴク、ぷはぁ~、疲れたぁ~~~〜~」
「大丈夫?」
俺が水を飲んで休んでる時に、小野寺が声をかけてくる。
「あぁ、なんとな、にしても俺なんかを連れてきていいのかよ?俺じゃあ戦力になるところかかえって邪魔になるだけなのにな…」
俺のステータスは、一般人よりもかなり弱い、そんな俺を連れてきていいのか?って思ったが…
「お前も召喚された者だ!召喚された者は例外なく、ダンジョンへ言ってもらわないといけない!」
「は、はい……」
こいつ、頭湧いてるだろ!って本気で思った
「まあ、そういう決まりだし、しょうがないよ、でも大丈夫!私があなたを守ってあげる!絶対に!」
こんな俺に、小野寺は、いつも通り優しい笑顔を見せてくれた
うん、癒される~~~〜、おっといけねぇ、
「いや、いいよ、さすがにそこまで迷惑をかけることは出来ないよ、自分で何とかするさ!大丈夫だ!」
「でも…」
「さあ!そろそろ時間だ!出発するぞ!」
「「「「「「はい!」」」」」」
とその時!
「グルルルルル~~〜~~」
と低い音を鳴らしたバケモノが進路を塞いだ
「っな?!あれはケルベロス!何故こんなことろにいる?!くそ!全員後退しろ!お前らでは勝う相手ではない!」
団長の声からして、かなりやばいモンスターが出てきたと見ていいだろう
俺は後ろを振り返ると、後ろにはウルフの群れがいた、
つまりこういう事だ前はケルベロス、後ろはウルフの群れで囲まれ、逃げようにも逃げられたい状態になった
「後衛班は魔法の準備を、前衛班は、ウルフを寄せ付けるな!このまま後退する!」
俺たちは言われるがままに動いた、しかしそうそう上手くことがはこばないのが現実、前衛班は、ケルベロスの攻撃によって傷を負った、しかしその時、優しい音色がダンジョン内に響く、
聖歌だ!小野寺が聖歌を使ってみんなを回復してくれた
「いいぞ!そのままだ!後退しろ!」
しかし、聖歌の効力もやがて切れ、一気にピンチになった、パーティーで動けるのは俺と小野寺敵はケルベロス1匹となった、そこで俺は隊長に提案した
「ケルベロスの足止めをします!」
「なんだと?!貴様!本気か?!そのステータスでどうするっていうだ?!」
「錬成を地面に使ってケルベロスの動きを一時的に止めます!その間に後退してください!」
「くそ、わかった!行けるな?」
「はい!任せてください!」
俺はそう言うと、ケルベロスに向かって走り出した
「錬成!!」
地面に向かって錬成を使い、ケルベロスを土の中に沈めた
「いまだ!!!総員後退!!」
隊長が指示をし、クラスメイトは、全員後退しようとした、しかし
「ガルぅ~ぁーーーーーーーー!!!!!」
と高い叫び声をあげて、ケルベロスは地中から抜け出した
くそ!ダメだったのかよ?!くそ!
俺の錬成を破られたから俺も後退しようとしたが
(ドン!)
え?、俺は一緒に後退しているクラスメイトに押されコケた
「魔法班!放て~~〜~~~〜~~!!!」
「ファイアー「ウォーター「ウィンド」」ボール!!」
後衛班が魔法を放ちケルベロスは、目をやられた
目をやれたケルベロスは、もがいた、俺はそのスキを見て逃げようとするが、今度は
「お前みたいなのが何で生きてんだよ!さっさと死ねよ!このゴミが!!」
「え?何を言って?」
(ドン)
俺はまた押された、今度は面と面で向き合って押された、俺は確信した、あの時俺を押したのもこいつで、こいつは…
ケルベロスは、今ももがいでいた、そして、地面が崩れ、俺は落下した
「え?なにがおきて?」
俺はあの一連の動きを理解することが出来ず、ただ落下していった

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー325225

    パクリですな

    0
  • バリウム

    それな

    1
  • TRICK048912

    これあれだ。

    1
コメントを書く