話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ファンタジー作品に使えるかもしれないふわっとした中世ネタ

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

施療院って?



施療院とは教会が作った神の家、ホスピタルと呼ばれる事前施設で病人や貧者に対して様々な奉仕活動を行いました。施療院で養われる人々は神の貧者と呼ばれていました。


施療院に受け入れられた人々は食事や風呂を提供され、ベッドは若い母親や臨終間近の人以外は複数で一つのベッドを使いまわされたそうです。
受け入れられた神の貧者は食事などの提供を受けますが、日常の所作、外出制限、モラルの管理など規則面での束縛が厳しかったそうです。


施療院は現代で言う所の老人介護施設の面もあり、財産を贈与することで修正生活の面倒を見てもらえたといいます。


12世紀ごろから都市や商人たちが私財で施療院を作りました。教会が作る施療院が総合的な救貧院に対して私財で作られた施療院は病院、孤児院、養老院など各種専門分野に別れた施設を作ったそうです。


施療院の中には女性のみを対象にしたのもあります。ベギン会と呼ばれる施療院は托鉢修道会という団体が後ろ盾となり、生活困窮者となった未亡人や親類を失った女性のみを救っていたそうです。

「ファンタジー作品に使えるかもしれないふわっとした中世ネタ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く