話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ファンタジー作品に使えるかもしれないふわっとした中世ネタ

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

聖職者の仕事って?



聖職者の仕事は神に仕え、その威徳を人々に伝え、生活を導くことです。
聖職者は自らの職務を遂行し、戒律を学びながら上の役職を目指します。


守門は教会の鍵や祭具の管理、門の守衛が仕事です。読師は民衆に聖書の祈祷文を読み教え、食べ物を聖別しました。祓魔師は祭儀に参加する資格がなかったようです。
侍祭になって初めて祭儀の補助を行えるようになり、副助祭は祭儀補佐、助祭は洗礼と聖体授与の執行、司祭になって初めて洗礼、改悛、堅振、聖体、婚姻、品級、終油の7つの祭儀とミサ、祭礼の執行が許可されたそうです。


司教は管理する教区の行政官であり、その上に大司教、そして聖堂参事会や枢機卿、教皇が君臨しています。


一般的な村の司祭は、日曜祝日のミサや洗礼、婚姻、埋葬などの宗教儀式を行い、民衆を慰撫しました。
司祭は土地を持っており、日々の祈りを終えれば土地を耕作して収入を得ていました。
他にも十分の一税や儀式の謝礼、寄進も司祭の収入源だったようです。

「ファンタジー作品に使えるかもしれないふわっとした中世ネタ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く