話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

花魁男子!!

猫(=^ェ^=)

「うおおおおお!!!」

誰かの叫び声が聞こえる。
ど、どうしたんだ...?

...てか、俺、今どこにいるんだっけ?

恐る恐る目を開く...と、目の前に丸眼鏡のお爺さんがいた。

瞳がすごく綺麗なお爺さんだ。...というか、俺を見てキラキラしているような気がしないでもない。

なんでかっていうと、このお爺さん俺の頬をずっと撫でてる。

そこまで肌綺麗じゃないぞ?人並みだ。

「あ、あの...?」

「神様じゃぁああ!!」

いきなり神様認定っ!?

「じっちゃん!良かったな!」

お爺さんの横にいた、茶髪の青年が、涙をぬぐっている。

え?なに?俺、神?

「あのバカ花魁が!あんな花魁見たことないわい!」

「もう、いいじゃん?新しい花魁も見つかったことだし。」

お い ら ん



花魁?花魁って、俺みたいな格好の?

は?

「君、花魁の格好してるし、花魁道中とかできるよね?」

「...俺、男です。」

「そりゃそうでしょ?この世界の7割は男だよ?」

「ここ、どこですか?」

「日本だけど...?」

「...」

少子化...と思ったのはおいといて、どういうことだ???

俺、汚い池に落ちただけのはず...ん?

臭くない!

俺がまわりをみてみると、本当に澄みきった水のなかにいた。

不思議と、濡れている感覚がない。

「時々、君みたいな不思議な人がいきなりあらわれるんだ。この泉。」

「帰れますか?」

「さぁ?帰った人は聞いたことがないけど。」
 
あー!!!!戻りたい!いや、やっぱりここにいても...

ん?花魁ってことは、男相手に接客しないといけないのか?

男の俺が?

うそうそうそ!?絶対無理だよ!

逃げよう!...あ。

茶髪の青年に、ガッチリ腕を掴まれていた。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く