話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

花魁男子!!

猫(=^ェ^=)

嘘だろ!?んなもんするわけねーって...

楠本!!顔近づけんなー!!


ちゅう...


「...!?」


ほっぺに...ちゅう...?

身体中が沸騰したみたいに熱い。
湯気でも出そうな勢いで...。  

女子たちなんか、口空いたままだし。

...てか、写真、撮られてねーよな?

す、スマホをこちらに向けているが、撮ってねーよな?

な...なぁ?

バシンッ!!

俺は、勢いよく個室をでて、沢山のお客さんのなかを掻き分けていく。

「瀬那!?おい!?」

クラスの誰かの声がしたが、そんなの気にしない。

俺は、花魁の格好をしていることも忘れ、無我夢中で走っていた。

カツカツカツカツッ!

下駄の音が、廊下中に響く。

人通りが少なそうな裏口からでて、裏庭へと逃げ込んだのだが...。

下駄。下駄なのだ。

なにかにつまずいてバランスを崩してしまった。

崩した先には、特になにも整備していない汚い池。

誰かはわからないけど、もう一人落ちたのが分かった。申し訳ないな。絶対あとで臭いぞ?

ま、助けるなら助けろよな?俺、泳げないから。

暢気なことを考えていた瀬那は、池の水がどんどん澄んでいっているのに気が付かなかった。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く