話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

19:合成魔法

 ゴブリンの群れ発見から数時間後。今はちょうど昼ぐらいだろうか、緊急のクエストが発足したため、今は冒険者が森の前に集まっていた。
 集まっている冒険者はランクD以上。その中にいるランクF二人。それに、「無謀だ」「馬鹿だ」等の声も聞こえてくる。ギルドでの騒ぎのせいで、俺のランクがFなのは知れ渡っている。

「静まれ。皆の者、そこにいる二人については、わしのお墨付きじゃ、安心せい」

 今みんなの前で喋っているのはシウテ・クルス伯爵。このクエストの指揮を担当することになったようだ。
 集まってる中には、元炎帝さんもいた。まぁ駆り出されたんだろうな。ご苦労なこった。

 もう森の先にはゴブリンがちらほら見える。

「それではこれより大規模クエスト:ゴブリン殲滅を始める。倒した数、に応じて報酬が変わるぞ。上位種を倒したものにはボーナスが入るぞ。いい成果を期待する。」




 伯爵のクエストの始まりの合図を聞きもう何組も冒険者たちが森の中に入っていく。

「じゃあ俺たちも行くぞ、ティナ」

 俺たちは無理やり頼んで参加させてもらったんだ。それなりの成果を見せないとな。

「はい、行きましょう」

 俺の言葉を聞きティナも腰にあるレイピアを抜刀する。

「じゃあ伯爵、俺等も行かせてもらうぞ」

 伯爵に宣言してからムラクモを抜刀する。ムラクモの力とかどうするかな。使っていいかな?
 よし人目の付かないところだな。

 俺たちはいま森の中を走っている。周りにはすでにゴブリンと戦闘を始めてるパーティもいる。その中を走り切り裂き、次々とゴブリンを倒していく。ティナもかろうじてついてくるが、俺の速さについてくるのはぎりぎりのようだな。

 そんな俺たちを見て声が聞こえる。

「おい、あいつら本当にFランクかよ」
「なんだよあの武器、見たことねーぞ」
「あの女の子、かわいいのに強い」

 その中で元炎帝さん頷いてるだけ。元Sランクなだけあって、ゴブリンぐらいなら余裕なんだろう。上位種とかでも、余裕なんだろうな。

「さて、そろそろ、ほかの奴から見えなくなってきたな」

 周りを見渡すとほかの冒険者はほとんど見えなくなった。
 今はとりあえずゴブリンを一カ所に集めたいな。俺の目に見えるのはゴブリン4体。

『闇よ、汝が敵を拘束する鎖となれ。黒影縛鎖』

 拘束系の魔法を唱え、ゴブリンを一列一カ所に集める。

(ムラクモやるぞ)
〝ん、〟

「貫き穿てムラクモ!」

 俺の言葉と同時に、ムラクモの黒い刀身はゴブリンに向かって伸びる。これは、ムラクモのスキル伸縮自在だ。
 鎖に絡み取られ一カ所に集まったゴブリン達はムラクモによって貫いた。
 やっぱり森の中だとこの長さの刀は少し使いにくいな。元の長さに戻した刀を見て俺はそう思った。てか、伸縮なら短くできるじゃん。
 俺はさっそく、刀身を縮めた。ムラクモは刀のサイズではなく。短剣のサイズまで刀身を短くする。

「さーまだまだやるぞ。ティナはもし、ほかの冒険者に怪我人がいたら治してやれ。ただし!ティナ、お前の身の安全が優先だ。こっからは別行動だ。頼んだぞ」

 俺は、ティナに別行動を宣言する。

「わかりました。ユウ様、ご武運を」

(エル、気づいてるな?)
《勿論です。ますたー》

 もうすでに何人かはゴブリンの上位種と遭遇している。だがこの軍勢を率いているのは一匹、明らかかに違うものがいた。

《ゴブリンキングを確認しました。その位置まで誘導します。》
(頼む)

 俺はエルの案内に従い森を進む。ゴブリンキングのところに付くまで、ゴブリンを狩りながら進む。雑魚処理は忘れない。
 そして今俺の前に立ちはだかるのは。

《対象、ゴブリンジェネラルを確認、ゴブリンの上位種です。》

 森を進み丁度広い空間に出たときだった。
 結構広いところに出たな。

(戻れ、ムラクモ)

 ムラクモをもとの刀まで刀身を戻す。
 そういえば、ちょっとやってみたいことがあったんだよな。

『祖は対なり、闇は炎をも食らい、炎は闇をも取り込む、汝、黒き炎となり、我が手に力を! 黒炎こくえん

《解析:スキル、合成魔法を取得》

 俺が魔法を発動させると頭の中にエルの声が響いた。俺は手にある黒炎をゴブリンジェネラルに向かって投げつけた。それをゴブリンジェネラルは面で防ごうとするが、刀身にこくえんが当たると、鎧、剣、肉体すべてを燃やし尽くした。
 やっぱりできるんだな、魔法の合成。

 ドスン、ドスン

 そのとき森の奥から、そんな音と共に現れたのは、ゴブリンジェネラルの倍ぐらいある巨体を持った。ゴブリンキングだった。

「さーて、楽しみはこれからだぜ」

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く