話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

BioGraphyOnline

ツリー

第八十七章 炎の軍勢

初心者冒険者の街グラフ
その景観は現在時刻0時の真夜中にもかかわらず大量のかがり火によって明るくてらしだされていた

『おいおいおいおい!いくらなんでも多過ぎるだろう!?』
『冗談だろ!?なんだよこのイベント!?』

眼科に広がる元和の国の兵士であったアンデットを見ながら冒険者達が尻餅をつく
その横では毎度お馴染みのランズロットが眼鏡を直しながら戦力数を分析する

「私の観察眼によると・・・およそ5万3千といった所でしょうか?」

そんなランズロットの言葉に周囲から緊張が伝わってくる
だがそんな中一人だけ怪訝な顔でランズロットを見る人物

「というかもしかしなくてもそれは俺の真似なのか?」

グレイは見慣れない雰囲気のランズロットに呆れた表情で問いかける
その質問に嬉しそうにランズロットが頷く

「・・・まぁロールプレイは自由だけど」

何かを諦めたかの様に虚空を見上げるグレイ
そんな二人の会話に次々と冒険者が息を切らして走ってくる

『団長!西の断罪者が敵軍団と交戦!多大な被害を受けています!』
『北!小鳥の会より通達!ボウガンによる足止めに成功したものの弾薬が底をつきそうとの事!』
『漁業組合より連絡!敵アンデットは水場を避けて進軍中!』

次々に入る電報にグレイがうめく

「どうやらここが一番楽なみたいだな・・・」
「ええ・・・私達が援軍に迎えたら良いのですが・・・しかし・・・」

現在円卓の騎士団とアンデット軍団の戦力は拮抗している
少しでも他の所に戦力を回せばこちらも危うい

「なんとか出来ないのか・・・!」

悔しさに唇を噛むランズロットに更に電報が走る

「で・・・伝達!」
「今度はどうした!?」
「和の国の援軍が到着・・・謎の術でアンデットを吸収しながら敵本陣に進軍しています!」
「運営からの救済措置か!?」

まさかの吉報にランズロットの顔が輝く
その横ではグレイが悪い笑みを浮かべてグラフ平原の彼方に視線をやる

「なんにせよチャンスのようだぜ?団長さん?」

               ◇

時は少し遡る

「うわー凄い事になってるなぁ・・・」

グラフ上空からこんばんは、アズです
現在夜空をお散歩中の俺は地上を見て思わず感嘆の声をあげる
そこには大量のアンデット軍団が松明片手に進軍しているのだが・・・
グラフ上空から見る景色はまるで地上にきらめく星空である

「まぁあの量が攻めてくるグラフは今頃大混乱なんだろうなぁ」

上空から見えるだけでも各地で戦闘が繰り広げられている
何処かに救援に向かうべきだろうか?
正直炎の精霊使いとの戦闘の情報は、参加できなかった俺に気を使ったメンバー達により一切無い
どうしたものか悩んでいるとこの戦場で異彩を放つ集団を発見する

その集団は全員和風の鎧を着用、頭はチョンマゲで構成されている
相当な手練れで構成されているのだろう、少数ながらアンデット軍団を蹴散らしながら進軍している

「けど・・・数が違いすぎるな・・・」

進軍しているチョンマゲ軍団の数が一人また一人と減っていっている
なんとかしてあげたいけどアンデット軍団が多すぎて俺が行っても・・・

「ん?アンデット?」

一つ気になることが出来た俺は急ぎアンデット軍団と交戦している和の国の軍団の近くに降り立ち腰のランタンを掲げる

「新手!?いや生きた人間のようだが・・・?」

突然上空から現れた俺に和の国のチョンマゲが警戒の色を強めるが、今はどうでも良い、重要な事じゃない
周囲のアンデットがこちらに気づき近づいてくる

「やっぱりダメか?」

いつでも逃げれるように杖にまたがったまま警戒を強める
しかしアンデット達は一定の距離まで近づいてくると動きを止める

「よし・・・一番最前のお前!隣の兵士を倒せ!」

俺の声に応えるように命令されたアンデットが剣を振りかぶり横にいたアンデットを薙ぎ倒す

「な!?何が起きた!?」

近くにいたチョンマゲが驚愕の表情を浮かべる
それにしても・・・ 

「リッチーの目強すぎないか?」

だが使える物はなんでも使うべきだろう

「よーし!じゃあお前ら!各自敵戦力を吸収しながら本陣目指すぞー!」

俺はランタンを杖の先端に括り付けて周りのアンデット達に指示を出しながら走り出す

「面妖な・・・しかし今が好機!全軍!あの者に続けー!!!」
「「「「うおおおおお!!!!!」」」」

ランタンを掲げながら走る俺を一際豪勢な鎧を着たチョンマゲが馬に引き上げる

「余は和の国の王!お主、名はなんと申す?」

これまた大物が出てきたぞ!?
でも確か和の国の王って・・・この戦で俺に殺されるんじゃなかったっけ?
・・・これから死ぬ人間の顔は見たくないな
フードを深く被りなるだけ顔を合わせずに自己紹介をする

「えーと、アズです」
『なんじゃお主!殿に向かってその態度!』
『控えろ!貴様殿を侮辱する気か!?』

そんな俺の反応に周りの家臣団が抗議の声をあげるが和の国の王は豪快に笑って目前の敵を薙ぎ倒しながら馬を走らせる

「・・・そうかアズか・・・そうか・・・」

どこか悟ったような表情を浮かべる和の国の王を筆頭に、敵勢力を吸収撃破しながら一気呵成に攻め立てる
だが元々少なかった和の国の軍団はもはや数名しか残っていない

「皆の者!敵総大将が見えてきたぞ!!!」

和の国の王の叫びにつられ上空を睨む
そこには赤い髪をたなびかせ、周りに炎の鱗粉を撒き散らす・・・炎の精霊使いが宙を舞っていた

「ふぅん!脆弱な人間風情が我の前に辿りついた事は褒めてやろう」

・・・なんか自分の姿でそんな台詞言われると恥ずかしいな
しかし和の国の面々はそんな俺の感想とは違っていた

「なんと!?我が国を滅ぼした魔物はこのような小童であったか!?」

驚愕の表情を浮かべる和の国の面々に向かって炎の精霊使いが腕を振るう
地面に魔法陣が展開されて大量のプチ炎の魔人が出現する
俺は怯む和の国の面々の前に立ちランタンを掲げる

「見せてやんよ!数の暴力を!」

炎の魔人目掛けて大量のアンデット軍団が突撃していく
そんな光景を見て炎の精霊使いが俺を睨む

「それが此度の戦のイレギュラーか!!!」

炎の精霊使いが両手の不知火の大爪を構えて俺に突っ込んでくる
これは避けられない!?

しかし炎の精霊使いが俺に辿り着く前に一人の人影が俺の前に飛び出る

「え?」

俺の顔に生温い何かが降りかかる
目の前では和の国の王が不知火の大爪に串刺しにされている

「グフゥ!我が国の民に手を掛けた事をあの世で後悔するが良いわ!!!」

和の国の王が体を貫かれたまま刀で炎の精霊使いの首をはねる
炎の精霊使いは和の国の王を睨みながら粒子になって消えていく
俺は崩れ落ちる和の国の王を支える

「なんで俺を庇ったんだ!?」

和の国の王はしわくちゃの顔で俺に笑いかける

「ガハハハ!王として民を守るのは当然の事よ!!!むぅ!?」

息も絶え絶えに笑う和の国の王が突然俺を突き飛ばす

「ぬわああああああ!」

俺は突然パパス化した和の国の王を放心しながら見つめ・・・敵を睨む
粒子となって消える直前、俺の体から抜け出した炎の魔人がこちらを睨んでいる

炎の魔人か炎を撒き散らし突っ込んでくる

「うわっち!?あっぶねー」

俺は迎撃するべくランタンを掲げ・・・

「あれ!?ランタンがない!?」

よく見ると炎の魔人がランタン片手に不気味な笑みを浮かべている
しまった!これじゃあ反撃出来ない!?
今まで操っていたアンデット軍団がこちらを睨む
四方は敵に囲まれて逃げれないし空に逃げても弓で撃ち落とされる・・・!

炎の魔人が勝ちを確信して腕を振り上げ・・・地面から飛び出してきた大量の腕に拘束される

「※※!?※※※※※※!?」

困惑の声をあげる炎の魔人の手首を一際白い手術痕の残る手が握りつぶす
炎の魔人が痛みでランタンを落とすと、中からリッチーの目玉がコロコロ転がっていく
地面から出現した人影は興味深そうに目玉を手に取ると炎の魔人に笑いかける

「なんだかボクの魔力を勝手に使ってるやつがいると思ったラ・・・犯人は君だネ?」

尋常じゃない物を感じたのか炎の魔人は首を横に振りながらこちらを見る
俺は唇を吹きながら明後日の方向を見る

リッチーはそんな様子に気づいた様子もなく炎の魔人を地面の底に引きずり込んでいき・・・
炎の魔人の消失と共に周りのアンデット軍団がただの死体に戻っていくのであった

<システムログ:炎の精霊使い討伐イベント終了のお知らせ>

「BioGraphyOnline」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く