俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

水曜日〜カレン⑤〜ここ最近での中である意味一番学校に行きたくない日だった

水曜、今日はカレンが学校に来る日である。だが...

「やばい、昨日以上に会い辛いよ」

教室のドア付近で俺は立ち止まってそう呟いていた。だってさ、月曜のあの件からカレンと話してないのに俺にどうしろと言うんだよ!
こうなったら覚悟を決めるしかないか...
俺は教室の中に入ろうとするがーーカレンの姿を視界に捉えた途端、また同じ場所に戻ってくる。

いやいやいや、無理だって!こんな状態で入れとか鬼畜すぎるやろ!出来たらもはや勇者やん!
内心下手な関西弁のような言い訳をしていると...

「何コソコソとしてるのかしらね?」

「うぉ!?」

いつの間にかカレンが教室から出てきて俺の前に立っていた。心臓に悪すぎる!
俺は色んな意味で固まっているとそれを月曜の件だけだと思ったのか、カレンはこう告げる。

「あー、別に返事はすぐ欲しいわけじゃないから。それと私が少しフライングしただけよ。いや、別にフライングも存在しないのだけどね」

「お、おぅ」

「まぁ、そうゆう事だから、前みたいに接してくれると助かるわ」

そう言ってカレンはまた教室の中に入って行った。少し間を空けて俺も教室の中に入っていった。



少し時間が過ぎ4時間目の国語の時間
俺とカレンは席をくっ付けている。理由は意外な事にカレンが教科書を忘れたからである。珍しい事もあるものだ。
それにしても、だ。

一つの教科書を一緒に見ているせいか、顔の距離が近い。教科書に必死に目をやるが少し気を抜いたら、ちらっと目が唇の方に行ってしまう。
俺はあの唇とキスをーーーって!違う違う!
俺は邪念を振り払い、教科書を見るのだが、ヤバイ、何処の行を読んでるんだ?
そこに無情な追い打ちが迫る。

「じゃあ、次は結城が読んでね」

ちょ、えーー。分かんないんですけど!
俺が少し困っていると
トントン
と教科書のとある行を指で指した。その行方を追うと自然とカレンの顔を至近距離で見ることになる。

「ッ!」

顔が赤くなるのが分かる。カレンも少し顔が赤い気がする。

「おーい、結城?」

「は、はい!」

先生が呼ぶ声で何とか帰ってこれた。
今まで通りでいいと言われても中々難しいや。






それからは少し気恥ずかしい雰囲気が残ったが何とか過ごす事が出来た。
こうして、昨日より少し気まずい予感のしていた水曜日か過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く