俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

木曜日〜アリス⑤〜弁当

木曜、今日はアリスが学校に来る日である。
そして、現在昼休み。アリスと机を引っ付けている。俺とアリスの机の上に乗る弁当箱の包みは同じ...つまり!

「結城さん!どうぞ!」

「お、おう」

俺の分の弁当をアリスが作ってきたのである。
それは、時は遡ること昨日の晩。
俺が風呂から上がり歯を磨いていると...

ブルブルブル

ポケットの中にあるスマホがメールを受信し振動した為取り出し確認すると

『明日、私が結城さんの弁当作ってきますから!持ってこなくても大丈夫です!』

と言うメールを貰った事から始まった訳である。



俺は目の前に居る期待した目をこちらに向けるアリスのヒシヒシと感じながら包みを開ける。
おぉ、これは

「いい出来じゃないか」

「ありがとうございます!」

思わず呟いた言葉にアリスが喜びの反応を見せる。いや、だが、これはいいぞ。お肉や野菜など色鮮やかと言うか、見てて楽しいと言うか美味しいだな。
俺は箸を取りベーコンのアスパラ巻きを食べる。
うん、美味しい。
気づくと、弁当の中身はほぼからだった。綺麗に残さずにきっちり食べ終え、容器をアリスに返す。

「美味しかったよ」

「それは良かったです!....負けれられないですからね」

「え?なんか言った?」

「いえ!なんでもないですよ!」

んー、なんかボソッて何か言った気がしたんだが...気のせいだったか?

「そんなことより!来週も作ってきて良いですか?」

「俺としてはアリスがそれで良いならお言葉に甘えるけど」

「わかりました!それなら決まりですね!」

こうして、毎週木曜日はアリスの弁当が食べれることになった。
ほんと、こう穏やかな日が続くといいな。



そんな願いを乗せた木曜日が今日も過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く