俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

月曜日〜ヘレン④〜今回のヒロインは何故か別の人の様です

月曜、今日はヘレンが学校に来る日である。
にしても、昨日は疲れた。最近ヘレン達の事で構ってやれなかった妹である麻衣のご機嫌とりをする事になってしまった。厳密に言うと買い物に付き合わされ、荷物持ちさせられた。


少し疲れが残る体を引っ張り教室に着くと、ヘレンはもう来ていた。声を掛けようと思ったが、なんだか上の空と言うか、心此処に在らずと言ったような感じで座っていた。

「おはよう、ヘレン」

「ーッ!?あぁ、結城。おはよう」

「どうした?なんか様子がおかしいけど....」

「それが、土曜の朝のカレンが二階に上がったのは覚えてるでしょ?」

「....あぁ、あれか。なんであんな風に上がったのか分からんが。それで?」

「あれからカレンが部屋から出て来ないのよ」

.....はい?なんでそんな事になってるのかね〜。俺は何かした覚えないしな。まぁ、とにかく...

「それは心配だな」

「そうなのよ。アリスが説得話しかけても出てくる気配がないのよ」

「...それは....ヤバイな」

あのシスコンが妹であるアリスの話ですら耳に入ってない状態。相当ヤバイな。

「とりあえず、俺も行ってみていいか?」

「そうね、お願いしてもいいかしら?」

こうして俺は放課後カレンに会いに行く事になった。




時が少し遡り、朝7時頃カレンは目を覚ました。
カレンは土曜に何故自分があんな態度を取ったのかを考えていた。
その時感じた感情は今までに感じたことのないものだった。正確には、異世界にいた時にはである。この感情が出てくるようになったのは最近である。前までは妹であるアリスが結城と話してたりするのを見ると似たような感情を感じた。だが、その時はアリスが笑顔ならとその感情に従わなかった。だが、土曜日のリリーの態度を見たら...我慢できなかった。それであんな行動を取ってしまった。
それからカレンは色々と考えた。その時、ふと異世界にいた時の友人との話を思い出した。

『好きな人ができたらね、その好きな人が他の女子と話したりする時どうしようもなくモヤモヤしたり、イライラしたりするのよ!」

ーーあぁ、そうだったのか...
カレンがその結論に至ると下が少し騒がしいと思えた。カレンは気にしないで居ると

トントン

「カレン、大丈夫?」

聞こえてきたのは結城の声。カレンはゆっくり立ち上がりドアに手を掛ける。そして、決心する。その道は多分難しい道だと思うから。





学校が終わり、俺とヘレンは並んで帰っていた。俺の場合向かっていたと言うべきだが。
途中何故か、チラチラとヘレンがこっちを見てくる中気にしないのしない様にしつつ、何とか伊藤家に着き中に入るのだが...
なんか、落ち着きがないな。

ガチャン!

「ご、ごめんなさい!」

「アリス、大丈夫か?」

お茶を持ってきたアリスが机にお茶を置こうとした時に倒してしまう。何とかしないとな。



二階のカレンの部屋の前、俺は立っている。近くにヘレン達も居る。さて、俺の時に出てきてくれるだろうか。
俺はそんな事を考えながらドアをノックする。

「カレン、大丈夫?」

中で動く音がして..

「ゆ、結城?」

中からカレンが顔を出した。
良かった。ヘレン達の方を向くとヘレン達も安堵の笑みを浮かべていた。視線を戻すと、少し不機嫌なカレンの姿が目の前にあって

「カ、カレン?」

「....ねぇ、結城。貴方、好きな人って居るかしら?」

「へ?居ないけどそれがどうしーー」

俺が超えるより早くカレンが俺の襟元を掴み引き寄せーー唇を合わせた。

「「「「あーーーーー!!!??!?」」」」

ヘレン達が悲鳴の様な叫び声を上げるが俺の耳には聞こえてこない。強いて言うならついさっき起きた事すら理解が追いついてない。そんな中カレンが俺に向かって言う。

「私、結城の事が...貴方のことが好きになっちゃった見たいなの」

それを言い残してカレンはまた部屋の中に入っていった。
何となくヘレン達の方を向くと何だか現実逃避の様なことをしていた。なんかこう、表現しがたいのだが....
その後、部屋に篭っているカレン以外の四人に見送られながら俺は帰路に着いた。
ちなみに、その時の俺たちは半ば放心状態だった。



こうして、何だか凄い爆弾のような月曜日が過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く