俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

カレンの異変

朝、ゆっくりと意識がはっきりし始めたカレンは、自分は何かに抱きついているという事を薄っすらと理解していたが、誰なのかはわかっていなかった。誰かわからないが、外から射す顔を出し始めた日差しが目に当たり顔を抱きしめてる人物に埋める。そうしていると、どんどん昨日の事をカレンは思い出していった。そして、停電時誰に抱きついたのかも。そこまでくるとまだ少し眠かったカレンの意識は完璧に覚醒する。
ガバッ!っと起き上がるカレンは周りを見渡す。時計は6時10分を指している。まだ誰も起きていないのか姿が見えない。そして、下を向くと寝顔を晒している結城の姿。
カレンは結城の顔を見ているとなんだか妙な頭を撫でたいという疼きがカレンを襲う。
カレンはゆっくり結城の頭に手を伸ばし、そっと頭を一回撫でる。

「んん〜」

その時、結城が動いた事によりカレンは手を引っ込め自分がやった事を思い出し、顔が赤くなるのを自覚しながらも立ち上がり若干早足で二階の自分の部屋に行くのだった。その、時若干後ろ髪を引かれる思いだったのはカレンのあまり自覚のしてないことだった。





俺が目を覚ますと、何やら焼ける音が聞こえてきた。目を少し開けカレンの方を見るとそこには誰もいなかった。多分、起きた時に上がったんだろう。体を起こすと、アリスが朝ご飯であろうパンと目玉焼きを運んでいるところだった。

「あ、おはようございます。結城さん」

「あぁ、おはよう。アリス」

挨拶をしていると次第とヘレン、咲耶、カレン、リリーの順で降りてきて6人で朝食をとることとなった。
パンを齧っていると隣に座っているリリーが話しかけてくる。

「そういえば、アリスとカレンの誕生日だけ知ってて残りの私達の誕生日知らないでしょ?聞いたりしないわけ?」

そう言うと、ヘレンと咲耶も視線を向けてくる。

「あー、そうだな。それで、いつなんだ」

「私が9月20日で、ヘレンと咲耶が1月1日なの」

へぇー、なるほど。にしてもヘレンと咲耶が誕生日同じとは、びっくりだな。

「私達の誕生日の時も、誕プレ期待してもいいのよね?」

アリスが顔を近くしてそんなことを言ってくるから俺としては少し体を逸らさないとダメだから辛い。そんな風に戯れあって?いると

バァン!

「....ごちそうさま」

カレンが手をテーブルに勢いよく置き、そう言いながら徐ろに立ち上がり二階の部屋に向かっていった。

「...どうしたんだろうか」

俺はそう呟いたものの、誰も言葉を返せる人は居なかった。何故なら全員同じような事を思っていたからであった。




それから少しして俺は家に帰ることにした。
「それじゃあ、もう帰るけど。...カレンの方は?」

「まだ出てくる気配もないわね」

そうか、無理か。俺は見送りのヘレンに見送られ帰路についた。


帰ったら妹にローキックされて晩御飯の時間帯まで話すらしてもらえなかった。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く