俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

水曜日〜カレン④〜とあるシスコンとの平和な話

水曜、今日はカレンが学校に来る日である。
教室に入った俺は先に来ていたカレンに声を掛ける。

「おはよう、カレン」

「おはよう、結城。一応聞いておくけど、体の方は大丈夫なのよね?」

少し心配そうにそう尋ねてくるカレンにとりあえず頷いておく。あ、そうだそうだ。

「にしても、ニーナって本当に相手の記憶奪えるんだな」

「条件は厳しいけどね。で、それがどうしたの?」

「いやー、今日教室くる前にすれ違ったんだけど全く俺の存在なんて最初から知らなかったみたいな感じだったからさ」

「なるほどね」

本当にびっくりしたよ。昨日の件の男子生徒ー名札を見ると木下と言うらしいのだが、すれ違った際覚えてる素振りを見せなかったからな。少し身構えてしまって恥ずかしく感じてしまった。
まぁ、変に事件にならなくて良かった。
そういえば、一つ聞いてみたい事があったんだ。

「なぁ、カレン」

「ん?どうしたの?」

「もし、元の世界に帰れるとしたら如何する?」

そう言うとカレンは少し悩むような顔をした。
少しして言葉を選ぶように話し出した。

「そう...ね。私としては戻っても戻らなくてもどっちでも良いとは思ってるの。だから、私はアリスが選んだ方を選ぶと思うわ。まぁ、帰れる可能性はかなり低いでしょうけどね」

カレンはそんな事を言っているが多分帰りたい気持ちが少し勝っているのだろう。まぁ、これは俺の想像なわけでカレンが本当にそう思ってるとは限らないのだが、俺にはそう見えた。

「そっか。まぁ、話を振った俺が言えたことじゃないが俺は最後までお前らの味方でいるからなんかあったら頼ってくれ」

「ふふ、そうね。そう言ってもらえるとありがたいわね。なら、今度アリスに料理を教えに来て貰おうかしらね」


少しおどけたようにカレンはそう言う。
それからいつも通りカレンと行動を共にした。
こうして厄介ごとの終えた後の平和な水曜が過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く