俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

金曜日〜咲耶③〜不穏の予兆

金曜、今日は咲耶が来る日である。
朝登校した俺は先に来ていた咲耶に声をかける。

「おはよう、咲耶」

「おはよう、結城」

返事を返してきた咲耶は何処か疲れたような表情をしていた。なにかあったのだろうか?

「なにかあったのか?」

「昨日起きたことと言えばわかるわよね?」

なるほど、納得した。とりあえず席の横に荷物を置き机の中にある本を取り出す.....あれ?いつもここに置いてあるはずなのだが。

「どうしたの?」

「いや、ちょっと本がいつもの場所に無くてね。奥かなーー痛っ!?」

机の奥に手を突っ込み手探りすると指先に切られるような痛みを感じ思わず手を机から引き抜いてしまう。

「ちょっと!大丈夫!?」

「あ、あぁ。指が切れたみたいだ。案外傷深そうだ」

そうは言ったが実際は深くもなく浅くもない傷である。血も出ているが切り口が案外綺麗だな。
スマホを取り出しライトを点けて机の中を確認すると光を反射するような刃物が縦に付けられているのを確認した。切らないように机の中から出し確認するとそれはカミソリの刃だった。

「これは」

「カミソリの刃よね?」

俺は咲耶の質問に首を縦にふるので答える。
にしてもなんでこんなものを入れていたのか気にるな。
そんなことを考えていると咲耶が切れた指のある方の手を突然掴んできた。一瞬心臓止まるかと思ったわ!と言えるわけも無く咲耶の方に顔を向けると絆創膏を貼ってくれようとしていた。

「本当に綺麗に切れてるわね。これなら逆に治るのが早そうね」

「ほんと、それだけが唯一の救いかな。ただ」

「ただ?どうかしたの?」

「いいや、なんでもない。それよりありがとう」

俺が咲耶にお礼を言うと「どうってことないわよ」と答えた。
にしても咲耶と話してる時に感じた気持ちの悪い視線。咲耶は気がついてないようだったから言ってないけど...少し気をつけた方がいいかな。



その日これ以上なにかされることは無く学校が終わった。咲耶と一緒に帰るのも良かったのだが下校時になにかされない訳じゃないから一人で帰ることにした。
こうして不穏な空気を残したまま金曜日が過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く