俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

月曜日〜ヘレン②〜ゲーセンに行ってみよう

月曜、週明けの一番学校に来たくない日でありヘレンが来る日でもある今日なのだが、今日はいつもより気温が高く気怠さがいつにも増しているのである。そして俺はと言うと...

「あー、ヤバい。授業中に寝たらダメだと分かっていても寝てしまいそうだー。いっその事寝ていいかな?」

「ダメに決まってるでしょ?授業に集中しなさい」

愚痴のように吐いた言葉をヘレンにまともに返されているのである。現在5時間目の現代社会の時間なのだが、昼休みに食べた弁当でお腹が膨れ、暑さを和らげるように風が入り込み、先生は見た目がもう定年超えてるだろ!と言いたくなるような爺さんチックな先生なのだが、読むペースが遅く子守唄のようになってしまうのである。
・・・はぁ!これは完全に寝ろという点のお告げでは無いだろうか。
そんなことを思っているとヘレンが徐ろに口を開く。

「だけど、確かに結城の言う通り眠くなっても可笑しくない状況よね」

何事だと思えば手の平返しですか

「なら寝てもいいか?」

「ダメに決まってるでしょ」バシッ!

分かったから丸めた教科書で頭叩くのはやめてくれないかな?

「にしてもこんなに話してるのによく怒られないわよね」

「たぶん席の位置的に聞こえないのんだろ?あとそこまで大きな声出してないしな」

俺たちの席は6列あるうちの真ん中の列である3.4番目の列の一番後ろである。ここって以外とバレない席なんだよな。

「あ、そうだ!今日帰りゲーセン行かないか?」

「げーせん?なにそれ?」

ヘレンの様子からすると知らなかったみたいだな。ならちょうどいいかもしれない。

「そうそう、たまには気分転換として行こうぜ」

「・・・そうね、家に帰っても特にすることもないでしょうから」

こうして俺とヘレンは帰りにゲーセンによることになった。






学校から歩いて10分の位置にあるゲーセンに無事に到着した。ちなみにこのゲーセン家のある位置とは逆方向にあるから時々しかこない場所である。

「じゃあ、とりあえず入るか」

「そうね」

中に入ると冷房がいい感じに効いていた。
ヘレンはそこらじゅうにあるゲームを見て少し困惑している感じがする。

「どのゲームがオススメなんだ?」

「そうだなー、まずアレからやるか」

そう言い並ぶのは和太鼓の達人と言うリズムゲームである。小さい子にも人気でいろいろな曲で遊べる人気のゲームである。
ゲームが始まり最初は戸惑っていたヘレンだったが...

「・・・・・・・・」

めっちゃ集中してるんだよね〜これが。
眼がいつになく真剣というか、これはあれか遊びでも全力になってしまう真面目ゆえのさがなのか?
結果としてヘレンは二曲目はフルコンボを叩き出していた。恐るべし真面目人。



それからは特にゲームをする訳でもなく店内をぶらぶら二人で歩いた。
今はクレーンゲームの前まで来ているのだがヘレンがある一台のクレーンゲームの前で足を止めた。なにがあるのかと気になった俺は見てみるとそこにあったのは縦の長さ50センチぐらいの(´・ω・`)のぬいぐるみだった。

「・・・あれ、欲しいな」

たぶん思わず出たのだろう。ヘレンは気づいた様子がないのでそう判断する。そして俺はプレイ金額を見る。そこには

1play  200円

3play  500円

こ、これはなんというかお財布に厳しい金額ですな。だが、俺の決心はそう簡単に揺るがない。
財布から500円を取り出し入れる。
一回目馬鹿正直に持ち上げようとするが案の定持ち上がらない。
二回目今度は工夫して奥の方を持ち上げ落とし口のことに近づける。
三回目は二回目の要領で近づける。
そして俺はまた500円を入れる。




もう500円を5回目を投入した分のplay数はない。だが、もう直ぐで手に入る!俺は6枚目の500円を入れる。一回目は少しずれるも落ちない。二回目、穴にはみ出ている場所を押す形に移動させたらアームは狙い通りに穴にクッションを落としてくれた。

「よっしゃ!」

「あった!」

ヘレンと顔を見合わす。集中していたため気がつかなかった俺たちの顔の距離はかなり近かったみたいだ。それならば見合わすということは顔の距離はほぼ数センチしかないのであった。

「っ!!」

「ッッ!!」

俺とヘレンはお互い赤面しお互いに距離を取る。危なかった。流石にあんな近くで女の子の顔を見るのは焦るからな。
激しく躍動する心臓を抑え手に入れた(´・ω・`)のクッションをヘレンに差し出す。
ヘレンは下を向いたまま受け取る。
結局その日は帰ることにした。



帰りはなんとか会話ができるまで回復し分かれ道の別れ道になるまで途切れ途切れであるが会話ができていた。
ヘレンは家のある方にあるのを見送り、そろそろ行こうかと思い歩き始めようとしたら後ろからヘレンに呼び止められた。

「結城!その・・・ありがと」

「どういたしまして」

ヘレンと以前より仲良くなれたことを願いながら俺は帰路に着いた。
気怠い月曜日が今日も過ぎていく




「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く