俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

デジャブ

昨日晩御飯を食べ終えた後に伊藤家の方からメールが来ており確認すると、出来れば朝から来て欲しいという内容だったため朝10時に伊藤家に着くように歩いて来たわけだが....。

「なんだろうか、すごく嫌な予感がするんだが...」

玄関に指をかけているのだがいるのだがなんだか悪い予感が頭によぎり入るのに躊躇している状態である。家の中に危険な仕掛けがある訳でもないし腹を括り俺は玄関のドアを開ける。

「お邪魔しまーーっ!」

その瞬間白く長いのが飛びついてくるのが見えた。それを見た瞬間頭の中では冷静にデジャブの文字が浮かびしっかり視認したところで気を失ってしまった。家の中から聞こえてくる足音を聞きながら。






目が醒めると5人が心配そうに....訂正若干一名凄くニヤニヤしてらっしゃる。
起き上がると水で濡らしたタオルが足に落ちる。きっとニヤニヤしてない四人のうちの誰かがやってくれたのだろう。そんなことを考えていると5人が話しかけてくる。

「話には聞いていたけど本当に弱いのね。大丈夫?」

「ぷぷぷ、ちょっと結城、あんなので気を失うなんて情けないわね」

「あー、結城ごめんね。昨日確かに還した筈なのに」

「リリーちゃん笑うところではないと思うのだけど、それより結城さん大丈夫ですか?」

「大丈夫なの?昨日もそうだったけど心配するんだからね?」

各々がそれぞれ思った事を言う。とりあえずリリーは拳骨かます。そう思っていると何処からともなく何かいい匂いが鼻腔を刺激する。

「大丈夫だけど、なんかお菓子でも作ってたのか?」

「そうなんです!今日早く来てもらおうと思ってたのはその為も含めてだったんですよ」

と答えるアリス。付け加えるように「ついでに作ったのは私とヘレンと沙耶さんです」と告げる。
だが、俺はそれよりもきになる事があった。

「ちょいアリス、”だった”?なら今何時なんだ?」

「え?6時前ですけど、どうしたんですか?」

なるほどつまり俺は8時間程度気を失っていたのか。

「それで魔法って今からでも覚えれるのか?」

聞くと異世界からきた四人組がバツの悪そうに視線をそらす。その中のヘレンが返事をする

「まぁ、無理ね。今日のところは諦めてちょうだい」

唖然とする俺、当たり前だろう。魔法を教わりに来た筈が気を失っていて教わらなかったと。
そんか俺の姿をみたアリスがフォローするように告げる。

「その、魔法を教えれないと分かった私達はクッキーを作って味見して貰おうかなと思った次第で....」

「....おう、ありがたく貰うとするよ」


この日食べたクッキーは美味しかったが途中から塩っぱかった記憶しか残っていなかった。


「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く