俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

金曜日〜咲耶②〜突然の乱入者

「そろそろ行こうかしら」

咲耶が学校へ行くために一歩踏み出すがその足は止まる。

「そうだった。あるプリント出さなきゃいけないんだった。確か机の上に置いていたはずよね」

そう言いながら咲耶はバックを置き部屋の中に入っていく。
咲耶が去った後どこからともなくカレンの使い魔であるニーナが出てきた。そしてチャックが少し開いた状態で置いてあったバックの中に入り込むのだった。そして戻ってきた咲耶はその異変に気が付かないまま学校へと向かう。ニーナの入ったバックを連れて...






金曜、今日という日をどれほど待ち望むか。学生なら分かる気持ちである。
そして今日は咲耶本人が来る日である。
現在は昼休みだがそれまで他愛ない話を休み時間にしていた。だが厄介ごとなどはいつも突然訪れる。
弁当を食べ終わり、咲耶と二人で話している時ガサゴソと何かが擦れるような音が俺の耳に聞こえてきた。咲耶にも聞こえたのだろう不思議そうな顔をして周りを見渡しているが特に何もなく変わらない空間であり気のせいだろうと思ったが...

ガサガサ

さっきより少し大きい音が咲耶のバックの中から聞こえてくる。

「なぁ咲耶、そのバックの中には何が入っているんだ?」

「特に変わった物は入ってなかったはずだけれど」

咲耶はそう答えるが絶対変わった物入ってるだろこれ。俺の思った事は咲耶も思ったのだろう机に掛けてあったバックを膝の上に乗せる。

「あ、あけるわよ?」

「お、おう。ばっちこいや」

そう答えると咲耶は恐る恐るチャックを開けていく。完璧に開いた時中から何か白く長いものが飛び出してきた。そしてそれは飛びつくように俺に引っ付いてくる。そして俺と咲耶は目を見開く。咲の場合は驚愕10分の10だからだろうが俺は場合、驚愕10分の1恐怖10分の9なのだが。

「な、なんでニーナがここに」

「・・・・・・・・・」

「シャァァァー」

「え、結城くん?ちょっと結城くん大丈夫!」

「・・・・・・・・・・」

俺はもちろん気絶してしまいましたよ。
保健室で目が覚めた時はもう夕方だったからね。びっくりしたよ。まぁ、起きたら咲耶がベットの横で椅子に座り心配そうにしてたからね、役得と思えばいいだろう。


この日の帰り咲耶が明日絶対来てよ!と言っていたので分かったと返事をしたら笑顔で走って帰って行った。なんだったのだろうか?

少し...いや、かなりヤバイ事があったがこうして金曜日が過ぎていく。

帰ったら何故か妹が不機嫌にしていたのだが....なんだったんだろうか。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く