俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

火曜日〜リリー②〜今度は彼女から聞いてみたいと思います

火曜、今日はリリーと言う少女を知って2度目の火曜日である。
俺は昨日帰ってから改めて彼女達の気持ちを考えてみることにしてどれだけ辛かったかを理解できないが精一杯理解したいと改めて思えた。そこで俺は残りのリリー、カレン、アリスから聞いてみようと思った。

「だからいま私は貴方と向かい合って弁当を食べているのね?」

少しジト目気味にそう言ってくるリリー。え、リリーって心読めたりするの?

「声に出てるのよー!」

「あ、そうだったのか」

「貴方のさっきまでのは無意識だったの?」

少し頬をヒクヒクしながら聞いてくるリリー。やっべ、少しやり過ぎた。ここは素直に謝っておくか。

「だーかーらー、さっきから思ってる事を喋ってるって言ってるのー!」

リリーとはこーゆーやり取りができて楽しいなと今度は心の中だけでちゃんといい、俺はリリーと 話すのだった。




「それで、聞きたいことがあるのよね?」

「あぁ、この世界に来た時どう思っていたかとかそんなとこかな」

そう言うとリリーは少し悩む仕草をする。そして、やがておもむろに口を開く。

「確かに、最初ここに来た時はとても怖かったわ。見たことない土地、建物そして違う空気、多分私一人でこの世界に来ていたら恐怖で暴れていたわね」

思った通りというかなんというか、苦労したんだよな、やっぱり。

「そんな心配そうな顔しなくていいわよ。今は咲耶も新しく貴方も居るわけだからね。貴方にはとても感謝してるわ」

「お、おう、どういたしまして?」

「なんで疑問系なのよ」

そう言って彼女は笑いだした。やっぱり、女の子っていうのは笑っている顔が一番だと俺は思うんだ。

「所でさ、弁当食べ終わったら国語教えてくれないかしら?」

「ん?それくらいなら別にいいぜ」

「そうか!...ありがとね、結城」


こうして今日は過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く