俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

木曜日〜アリス①〜ドジだけど料理はとても上手でした。

木曜日、今日はあの姉妹の妹アリスが学校に来る日だ。

そして朝俺が教室に着くなり、先に来ていたアリスがこちらに来て。

「結城さん、今日はよろしくお願いしますね」

昨日カレンから聞かされたのだろう。嬉しそうな顔をしながら俺にそう話しかけてきた。

そして現在放課後の帰り道。俺は、アリスと一緒に歩いている。これで俺の人生で一度はしてみたかったことの1つ、女の子と二人で仲良く学校から帰るが出来る。
俺が内心号泣していると、アリスが俺に話しかけてくる。

「それで今日作る料理なんですけど、なにを作るんですか?」

「そうだな、俺もそれなりのものは作れるつもりだから何か作ってみたいのとかある?」

「そうですね...。それなら、ハンバーグ作れますか?その、前にみんなで外食した時に初めて食べたんですけど美味しくて。えへへ〜」

若干恥ずかしそうに笑う顔が可愛いなー、なんて思いながら俺はハンバーグを一緒に作ることになった。


途中スーパーで食材を買い、妹にメールをし伊藤家に着いた。その時カレンが凄いことになって居たが気に留めないでおこう。世の中触れないほうが良い物なんてたくさんある。

台所に行きとりあえず食材を出し調理を始める。

「よし、始めようか」

「はい」

最初は玉ねぎをみじん切りにするところからである。

「こうですか?な、なんだか見られながらするのはきんちょーー痛っ!」

忘れていたが彼女は料理は得意だがドジなところがあり、いつもならしないミスをしない料理で指を切る怪我をしてしまったようだ。とりあえずいつも持っている絆創膏で傷口を塞ぐ。なんだか申し訳ないな気持ちになってしまう。

それからは滞りなく進み、無事ハンバーグは完成した。

「ど、どうかな?」

アリスが恐る恐る、晩御飯で出したハンバーグの味をみんなに聞いている。

「とっても美味しいわよ、カレン」

「流石カレンね。予想以上よ!」

「流石私の妹ね!なにやらしても最高なんだか」

「うん、十分に美味しいと思うわよ」

上からヘレン、リリー、カレン、伊藤さんの順である。それを聞いたアリスは明らかにホッとした感じをしていた。そして最後に俺の方をチラッチラッと見てきたので正直に感想を言おうか。

「初めてにしては十分美味しいと思うぞ」

それを聞いたアリスはとても嬉しそうに笑っていた。それをみたカレンが少し不機嫌そうにしたのを俺は見て見ぬふりをした。


こうして木曜日が過ぎていく。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く