俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

今後のこと

「兄さん!遅いよ!」

「悪かったよ麻衣」

帰る際に確認したスマホに来ていたメールは妹からのものだった。なので俺は急いで帰ったのがだ、ご覧の通り玄関で出待ちされてました。

「なら早く晩御飯作ってよ。今日は兄さんの作る日なんだから」

「え、まだ食べてなかったのか?今もう8時頃だぞ?」

「わ、悪い?兄さんの作ったのが食べたいから待ってたのに」

そこまで言われてしまっては急いで作らなくてはならない。とりあえず二階の自室まで行き適当なジャージに着替え、キッチンへ向かう。





「出来たぞー」

麻衣を呼ぶと何処からともなく現れて椅子に座っていた。

「今日はいつもより少ないね」

「あー、それは俺は友人の家で食べ出来たからだ」

そう言うとなんだが残念そうな顔をしていたが料理に手をつけ出すと機嫌が直ったみたいだ。
俺はそれを尻目に自室に向かうことにした。





「あー、異世界ってなんだよ...」

俺は今日聞いた事を思い出していた。異世界から来た、魔法が使える、それにあの髪の色と目の色日本人じゃないのはわかってたしみんなが気が付かない理由も分かった。分かったのだが....

「だーめだ、意味わからん」

それを思うと伊藤さん(本人)が色々な意味ですごく感じてくる。彼女たちの事は信じたいのだが、そう上手く割り切れるものじゃない訳で....

「学校でもう少し話してみるか」

結局そこに落ち着くのが一番だと俺は思った。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く