俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

叶えたい夢でも、少しシチュエーションが違えば地獄となる

あの後"伊藤さん”は周囲に視線を配りこちらに顔を寄せる。

「なんで気が付いたか、後からちゃんと教えてもらうからね」

言い終わると同時に授業の始まりを告げるチャイムがなり伊藤さんは席に戻った。


そして放課後の現在ホームルームが終わると同時に俺の席の横で仁王立ちをして見下ろしている伊藤さんがいる。
少し怖いなー。なんて思っているとバン!と机を叩く。

「ちょっと付き合って貰うわよ」

返事をする間もなく右手首を掴まれ引っ張られる様にして教室を後にした。



俺は今の女子と二人っきりで下校している。
確かに俺も男だ。だから、してみたいと思ったことは幾度となくある。だが、行く先に不安要素が有るなら別だろう。
何でこうなったのだろうか、などと考えていると不意に伊藤さんが止まることなく話しかけてきた。

「そろそろ聞きたいのだけど、何で私達が入れ替わって一人をしてるって気が付いたの?」

「答えるのはいいけど、俺からも1つ聞いていいかな?」

「なにかしら?」

「どうして、他の人は気が付いて居なかったの?そんな目立ちそうな髪の色をしてるのに」

そう言うと彼女はとても驚いたという表情をしてみせた。

「貴方には見えていたの?」

「多分、そうだと思う」

きっとそうなのだろう、彼女の方をチラッと見ると考え込む様にしてブツブツ呟いている。
それから大体5分くらい歩いた辺りで「着いたわよ」というので伊藤さんの向いている方を向くと二階建ての家があった。きっと彼女の家だろうと思う。
彼女が玄関を開け「ただいま」と言い入って行ったので俺も後を追い「お邪魔します」と言いながら入ると、家の奥の方から金髪でエプロン着ておたまを持ったまま、小走りでやって来た

「おかえり、ヘレンさん!今日の晩御飯はカレーで..す.....よ」

俺は、いつも学校でオドオドしてる方の金髪の子だと思い出した。あ、おたま落とした。

「た、たいへんですー!へ、ヘレンさんがお、お、男の人を連れて帰ってきたですー!」

「ちょっとアリス!落ち着きなさい!」

アリスと呼ばれた金髪の子がとても騒ぎながら家の奥に入っていき、今日学校に来ていたヘレンと言う青い髪の子が追いかけていく。

俺はとても帰りたくなるのを抑えてここで待つことにした。

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く