俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

自己紹介

暫く待っていると今日学校に来ていた青髪ポニテのヘレンがこちらまで迎えに来てくれた。




部屋にあげてもらうと机を囲う様に四人が座っており部屋に入ってきた俺の方に視線を向けてきた。

「手前の空いてる場所に座ってくれるかしら?」

案内してくれたヘレンに促され手前の空いている場所に座る。あ、隣にヘレンが来るのね。
ヘレンが座るのを見計らい俺はとりあえず聞きたいことを聞くとこにした。

「えーっと、これは一体どんな状況なんですかね?」

そう言うと隣にいるヘレンは苦笑いを浮かべ「そういえば言ってなかったわね」なんて言ってるのだが、大丈夫だろうか?そんな事を思っていると本人の伊藤さんが話しかけてきた。

「話すのもいいけど、名前が分からなかったらちょっとややこしいでしょ?だから自己紹介させて貰っていいかな?」

「あー、よろしく頼む」

「それじゃあ、私からね。私は、ヘレン・アサス。一応言うとこの世界とは別の場所から来た所をさやに保護されてこの家で一緒にするでるの」

青髪でポニテが特徴的なヘレン。胸が普通より大きそうだなと思ったのはしょうがないよね。うん。


「その次は私ね!私はリリー・マルベルク。ヘレンと同じ世界から来たのよ!ちなみに火の魔法が得意よ」

その次に立ち上がり自己紹介をしたのは、火曜日来ている緋色の髪をしたリリーだった。身長はこの中では一応一番小さい。そこまで小さい訳ではないが胸がちょっと残念だな..って、ちょ!そんな睨まないで!今度からリリーの前ではその手の考え事は控えたほうが良いっぽいな。

「その次は私、名前はカレン・ハマールドよ。隣に座っているのが妹で双子なの。ちなみに妹に手を出したら....ぶっ殺すからね♪」

「もう、お姉ちゃんたら。私はアリス・ハマールドです。その、先程は騒ぎ立てしてごめんなさい」

金髪ロング×2の姉妹、姉がカレンで妹がアリス。カレンは完全なシスコンだな。姉の目が緑色で妹が水色の目をしているのが特徴だ。二人とも似た様な体つきしてる。

「最後は私、伊藤 咲耶よ。私はこちらの世界の人だらね!ちゃんと!まぁ、今後ともよろしくね」

最後に自己紹介したのは伊藤さん本人である。胸は普通サイズですね。
何故か五人の視線がこちらに集まって来ている。…あぁ、そゆこと。

「えっと、俺は佐藤 結城です。正直言うと最初っから見えてたんですけど、今日聞いてみたらここに連れてこられました」

そう言いながらヘレンの方を見るとビクッと体を跳ねさせて口笛を吹く真似をした。音出てないぞ〜。

まぁ、心配していた無駄に厄介な事が起きなくて良かったと俺は胸を撫で下ろした。
ちなみに異世界みたいな単語聞こえたけどボクハナニモキイテナイヨ?

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く