俺の隣の席の人が毎日違うのですが?

Fuu

始まり

現在
高校に入って一ヶ月が経ちこの高校に入って落ち着いた頃である。

俺の隣の席の女子は毎日違うのだ。
なにを言ってるかわからないと思うが今の俺でも理解が出来ていないんだ。

入学初日、彼女は青い髪のポニーテール  金色の目だが俺以外、誰一人としてその事に気が付いていなかった。それどころか普通の黒髪ショートの女子生徒にしか見えていなかった。

その次の日はショートの緋色の髪をした活発そうな子で目も緋色をしていたが誰一人気が付いていなかった。
そのまた次の日は金髪ロングのしっかりしてそうな子が来た。
その次の日は金髪ロングは変わらなかったが、少し昨日きた子より低く感じた。それと少しオドオドしてる様にも見えた。
そしてその次の日はなんと黒髪ショートの子だった。てか本人でした。これはかなり驚いたのを覚えている。

そしてそして入学してから一週間目の月曜日の教室に来たのは青い髪でポニーテールをした彼女だった。

それからまた二週間が経ちゴールデンウィークの1日前の学校で俺は決めた。

伊藤 叶に今日こそ言うのだ。
何故か他の人が全く気がつかない彼女の・・秘密を。
何故か俺だけが気が付いているこの事を。

「なぁ、伊藤さん」

「なに?鈴木くん」

「なんで、その.....毎日違う人が来てるの?」

「へぇ?嘘...なんで気が付いたの.....?」


これが俺と伊藤 叶”達”との関わりの始まりだった

「俺の隣の席の人が毎日違うのですが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く