異能研究・異能ランク表

奏せいや

異能ランク表を用いて【リング】キャラクターの性能評価をしてみました。

第1話掲載している異能ランク表を用いて有名作品に出てくるキャラクターの性能をランク分けしてみました。

【リング】
貞子。霊体なのでランクB。相手を呪い殺す呪殺能力、物理的手段を介しているならランクD。そうでないならランクB。

普通に強いと思います。まず霊体というランクBの耐性のせいで物理的攻撃が利かないので勝てない相手は絶対勝てない。また有効な攻撃的手段を持っていても(たとえばゴーストバスターズのような対霊体兵器)遠距離からのランクB攻撃を仕掛けてくるため回避が困難、かつ耐えることができず負けてしまいます。貞子が持つ最大の優位点は画面の向こう側という『正体が遠い』という距離的、もしくは次元の隔たりのため攻撃を当てられない点。それをクリアしても物理的な攻撃は利かない耐性。この二つによってずば抜けて高い防御性能を誇っています。そして攻撃面も強力で『間合いの外から防御不能の攻撃』はワンサイドゲームの様相を呈し相手を苦戦させます。

倒すのは難しく、攻撃は防げない。

こういう敵の場合、対抗手段がない場合ほぼ詰みになってしまいます。もしゴーストバスターズのような対霊体兵器があるなら画面から出てくるのを待ち伏せし攻撃できればワンチャンありますが、貞子が画面から出るのを止め画面の外から攻撃してきたらやはり勝てません。

逆に画面の向こう側にも行け、有効な攻撃手段があるキャラクターならいい勝負ができると思います。というか、そういうキャラでないと勝負として成立しないような気もします。

対抗手段を持たない方は見覚えのないビデオは見ない方がいいかもしれません。


「異能研究・異能ランク表」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く