話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「ここが変だよ異世界トリップ」

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

ここが変だよ異世界トリップ 悪役令嬢転生物にツッコミ



いくつかのファンタジー作品などを見ていてまたツッコミたい出来事が増えたので復活させます。


今回は悪役令嬢転生物にツッコミです。
悪役令嬢転生物とは、乙女ゲーム系と呼ばれる女性プレイヤーをメインターゲットにし、ファンタジー世界の学園などを舞台に女性主人公がいろんなタイプの男性キャラクターと出会い恋愛を育むゲームに主人公の恋愛を妨害するお邪魔キャラクターに小説主人公が転生、憑依します。
悪役令嬢は王子と婚約していますがゲーム主人公が婚約者の王子と仲良くなるのに嫉妬して妨害や嫌がらせをし、最後は悪事が露見して婚約者である王子から婚約破棄を言い渡され、修道院に監禁、屋敷に蟄居、自害などバッドエンドを迎えます。


小説作品では学園入学前にゲーム知識を取り戻して婚約破棄を回避したり、婚約破棄されたあと自領で内政チートしたりします。


いくつか悪役令嬢転生物を読んでいたのですが、どうしてもツッコミたいことがあります。


まず、【王子が独断で婚約破棄】とかありえねーから。
作品やモデルとなったゲーム舞台の設定がちゃんと分かっていないので中世ヨーロッパ時代の常識などで例えさせてもらいますが、基本王家の婚姻は家同士の政略結婚であり、家長である父親(王様)の決定はどんなに理不尽でも絶対でした。


また、悪役令嬢は公爵や辺境伯など王家の次に発言力などがある家の娘であることが多いです。
王家は二番目に発言力のある悪役令嬢の家と婚姻を結んでより絶対な権力の磐石を固めるために王子と婚姻を王が決定しているはずです。


なのに、王子が王に相談もせずに婚約破棄を勝手に言い渡す? 王子、お前廃嫡されるぞ、マジで。


現代で例えるなら社長(王様)が社運をかけた一大プロジェクト(失敗したら倒産か大きく経営が傾く)をプロデュースし、取引相手(悪役令嬢の家)と契約を交わし、あとはお互いサインとハンコ押せばプロジェクトは成功だという時に息子の部長(王子)が報告連絡相談もなく、取引相手を独断で一方的に別の会社(ゲーム主人公の家、実績も信頼も悪役令嬢の家以下)に変える……社長ブチ切れますよ?


ゲームのメインヒロインは没落貴族や隠し子、一般市民など身分が低い設定です。
貴族社会は身分が絶対とも言えます。公爵家令嬢と婚約を破棄して一般市民と結婚したがる王子……誰も止めないの?


また、悪役令嬢がゲームヒロインにやった嫌がらせにもツッコミを入れたいです。
王子、暴露する前に止めさせろよ。さんざん注意したけど止めなかったという描写がありますが、男尊女卑でもある貴族社会で王太子が妻となる予定の女性を止められなかった……スキャンダルですよね? 家の力や暴力とにかく噂すら立たないように止めないと王家は公爵家に舐められてるなんて噂でますよ?
公爵家も王家と争いたくないなら病気療養等設定で強制帰国、部屋に軟禁のような気がします。


悪役令嬢がやった嫌がらせの一つで公衆の面前などで王子を呼び捨てにしているヒロインに「卑しい身分が王子を呼び捨てするな」と罵倒するというのがありますが、どこが嫌がらせですか?
まず、王子が許可したとしても王家の権威のためにも公共、公衆の面前で呼び捨ては完全に不敬です。
現代で例えるなら取引会社の社長が呼び捨てでいいよと言っても、自分の職場や相手の職場などで呼び捨てにする社員見かけたらなんと思います?
呼び捨てにしてもいいと言う事前情報を手に入れずに現場を目撃したらどう思います?


特にツッコミたかったのが悪役令嬢の家が辺境伯設定だった作品です。
辺境伯ってその国の辺境(大抵は別の国や蛮族、モンスターが跋扈する世界との国境線)で最前線である国境を守る代わりに小国クラスの特権を与えられた貴族です。
王家としては一番仲良くしないといけない家です。なぜなら辺境伯が裏切ったら国境が破られる、国境線を維持できるほどの辺境伯軍+敵国軍が自国に刃を向けてくる。
そんな重要な家なのに息子である王子が


「パパ、僕辺境伯の悪役令嬢と婚約破棄してきたよ。この一般市民のメインヒロインと結婚することにしたから」


なんて言ったら王様、玉座から助走をつけて殴りに……いや、ぶった斬りに行くんじゃないでしょうか?
とある作品では申し訳ないですが、辺境伯の意味を知らないのか「所詮辺境に領地があるだけの貴族よ」なんて発言を王や王子がして、悪役令嬢との婚約破棄、及びゲームヒロインとの婚約を許可している作品がありました。
辺境伯も「所詮辺境という僻地に領地を持つだけの貴族、何も力になれなくてすまない」と主人公である悪役令嬢に謝っています。
今の時代、ちょっと検索したら意味ぐらい調べられると思うんですけど……

          

「「ここが変だよ異世界トリップ」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く