話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔術がない世界で魔術を使って世界最強

海月13

”魔術”、とは?

<王城の中庭前廊下>
うっすらと朝日が差し少し肌寒い気もするが今の弥一には丁度よかった。

「う、さ、流石に眠い。徹夜するんじゃなかった・・・」

昨夜は無事ステータスプレートに【隠蔽魔術】を組み込むことに成功したが、その時思いついた魔術式を開発するため徹夜でその魔術式の設計を行っていたのである。

そうして魔術式の基礎は完成し、気がつけば5時過ぎ、今から寝るにしてもあれなのでこうして風に当たりに中庭にでているのだいるのだった。

「はぁ~。魔術式の方はできたが、これうまくいくかな?」

そういってステータスプレートを取り出し、術式の展開を開始した。

(魔力循環・・・問題なし。術式展開・・・問題なし。実行開始。・・・実行完了。)

するとステータスプレートにラグのようなものがはしり次の瞬間、弥一のステータスプレートが変化した。

「っと。こんなものか」

===================
《日伊月 弥一》
レベル:13
職業:魔術師

筋力:400
体力:400
俊敏:400
耐性:400
魔力:700

〔契約精霊〕


スキル
言語・剣術・思考強化・縮地・魔力回復速度上昇

=======================

これが本来の数値を隠蔽し、変わりに表示された弥一のステータス数値だ。

「平均より少し上に設定したが勇者として召喚されたから言い訳できるしな。」

そしてなぜスキルの欄から【射撃スキル】が隠蔽されているかと言うと

「流石に高校生である俺に【射撃スキル】があると問題だしな。」

スキルは自分が経験したりしたことのあるものや自分の特技がスキルとして現れる、それ以外は職業に関係するスキルが現れる。なので一応日本の高校生として過ごしていた弥一に【射撃スキル】があるとそれは弥一が銃を使った経験のあるということになりクラスメイトなどに知られると問題となるため、隠蔽したのである。【剣術スキル】は道場に通っていたなどの言い訳が利くためそのままである。

「しかし成功してよかった~。」

そう言って弥一はステータスの表示を非表示にして、ブレザーのポケットに入れた。

ステータスプレートは防犯のため非表示にすることができる。

「これで開示は問題ないな。あとはこっちの術式なんだが・・・」

弥一はポケットからスマホを取り出した。そうしてそのスマホに表示されていたのは文字の羅列と数字の羅列、そして四角と円環で書かれた魔術陣だった。

「これがうまくいけばいいんだが・・・」

そうして、しばらく術式について考えていると袖をちょんちょんと引かれた。

「ん?」

振り返るとそこにはウサギの人形を抱きかかえた小学校低学年位だだろうか。エメラルドグリーンのふわっとした髪でくりっとした目が特徴な可愛い女の子だ。

「お兄ちゃん、何してるの?」

「お、お兄ちゃん?」

オタクの弥一にとって「お兄ちゃん」と言う言葉にはこうなにかぐっとくるものがあり、とてもむず痒いのである。

「お兄ちゃんはやめてくれるかな?俺は日伊月弥一、弥一でいい。」

「うん!わかった、やいち!それで何してるの?」

「これはね、魔術式を考えていたんだ。」

「まじゅつしき?」

「う~ん。少しむずかしいか・・・そうだ。」

弥一はホルスターから一枚の呪符を取り出し。そうして呪符を触媒にし一つの術式を展開した。

「《式神生成》」

そう呟き呪符を空に投擲すると空中で呪符が鳥に変化した。

式神は弥一が考えたオリジナルの【偵察魔術】で呪符を触媒にし動物などに変化させる魔術である。変化する動物のサイズに応じて呪符の量が変わるが、鳥サイズのものなら呪符一枚で足りる。そうしてこの魔術の最大の特徴は変化させた動物と視覚や聴覚などのリンクができることにある。

「うわぁ!すごい!すごい!!」

そうして女の子はとても嬉しそうに鳥を手のひらに乗せて鳥を眺めていた。

「やいち!やいち!まじゅつってすごいね!!」

そういって女の子は目をきらっきらっさせ弥一の横に座り、鳥を眺め弥一と話始めた。

「そういえば君の名前は・・・」

「メイ!ここにいたの!」

と弥一が名前を聞こうとしたら、一人の少女が現れた。中学生くらいの見た目で肩あたりまで伸ばした赤い髪に少し垂れ目な柔らかい印象を与える美少女だだ。

「もうだめじゃない。勝手にいなくなったら・・・ってあら?あなたは?」

「私は日伊月弥一といいます。」

「あっ!もしかしてこの前召喚された勇者様ですか?」

「はい。そうです。」

「申し送れました。私はアーセラ聖堂王国第二皇女ヘンリ・バース・アーセラムと申します。そしてこの子はアーセラム聖堂王国第三皇女メイ・バース・アーセラムです。」

「メイです!よろしくねやいち!」

「メイ!勇者様を呼び捨てなんてダメでしょ。」

どうやらこの女の子はこの国の第三皇女で赤髪の美少女の方は第二皇女のようだ。第二皇女のヘンリはとてもしっかりしており。第三皇女のメイは無邪気に笑いかけてくる。

そんなメイの天真爛漫で無邪気な笑顔に微笑みつつ

「大丈夫ですよ。それくらいの方が私も気楽でいいので。ヘンリ様もそうおよびください。」

「そうですか?それでは私の事も畏まらず接してください。」

「メイも!」

「わかりました・・・じゃなくて、わかった。ヘンリ、メイ」

「はい。」
「うん!」

その後ヘンリを加えて3人で語り合い、ヘンリとメイはこの後皇女としての仕事があり6時頃に別れた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヘンリとメイと別れた後弥一は一度部屋に戻り少し仮眠を取ったあとアーシアが持ってきた朝食を食べその後も魔術式の設計を続け気が付けば昼前だった。

「う、う~ん。あれっ?もうこんな時間か・・・昼飯食べて中庭に行くか。」

コン コン

「弥一様。昼食を持ってきました。」

「ありがとう。アーシア。そういえばみんなの様子はどうかな?」

「はい。皆さん体調が回復されて今日のステータス開示には全員参加なさるそうですよ。」

「それはよかった。じゃあさっさと食べて中庭に行くか。」」

そうして弥一は昼食を食べ中庭に向かった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「やいく~ん。」

「ん?凛緒大丈夫だったか?」

「うん。大丈夫だよ。やいくんは?」

「俺はすこしだるかっただけで済んだよ」

「へ~え、すごいねやいくん。私なんてベットから立ち上がれ無かったよ。でもなんか力がみなぎってくる感じがする」

そんな会話をしていると。国王とアーリアとヘンリ、メイが中庭に入ってき、次に司祭のバーリア、騎士団長のロジャーも続いてやってきた。

そしてロジャーは全員いることを確認し、話し始めた。

「それではこれよりステータスの開示を行ってもらう!。それではまず西原殿からお願いしたい。」

「分かりました」 

そうして先生がステータスを読み上げる。

=================================

《西原 健一》
レベル:20
職業:軍人

筋力:730
体力:680
俊敏:600
魔力:600

〔契約精霊〕
・土精霊『上級級:アース』

スキル
言語・近接格闘術・ナイフ術・気配遮断・気配感知・威圧・体力回復上昇・地理把握

==================================

レベルが20だと平均ステータスは400代らしくそう考えると先生のステータスも相当高いようだ。

スキルに戦闘系が多いのも先生が元軍人だったからであり、また【地理把握スキル】も先生は社会科の地理担当であるためでる。
《軍人》の効果は近接戦闘の際の筋力、体力の上昇、【近接格闘術】、【ナイフ術】のアシストのようだ。

周りの人からも感嘆の声が上がる。

「さすがであるな。西原殿」

「まぁ。元は軍人だったもので。」

「そうでありましたか。いつか手合わせをお願いしてみたいものですな。それでは次!」

そうして順調に進み。

「次!相川雄也!」

「はい!」

==================================

《相川 雄也》
レベル:13
職業:英雄

筋力:560
体力:540
俊敏:600
耐性:590
魔力:700

〔契約精霊〕
・光精霊『最上級:アーリー』
・火精霊『上級:ルーパ』
・風精霊『上級:フーラ』

スキル
言語・剣術・精霊付与・威光・攻防適応・限界突破・英雄の加護

===================================

ステータスのパラメーターは西原先生よりも下だが十分平均を超えている。だが問題はそこではなかった

「すごいぞ!新たな英雄だ!!」
「『英雄の加護』は2000年前の英雄、シンがもっていたスキルだぞ!!」

スキルが、そして何より職業《英雄》が問題だった。

まず職業《英雄》。これはすべてのパラメーターを戦闘時にアシストする効果があるらしい。

次にスキル、【英雄の加護】これはスキルと言うよりも称号に近いらしく2000年前の英雄「シン」がもっていたスキルらしく、一度だけ死を回避できるものらしい。

もうチートどころではない強力すぎるスキルである。

そうして《英雄》が誕生し喜びの中、次々とステータスの開示が終わり、最後に弥一の番である。

「最後に日伊月弥一!」

「はい。」

ロジャーが弥一を呼んだので行こうとしたら王品席の方で、ヘンリとメイが手を振っていたので弥一も手を振り返す。
と弥一の後ろからものすごい寒い視線を感じたが、振り向いてもニコニコ笑っている凛緒がいただけだった。

そうして弥一はステータスを開示し、読み上げる。隠蔽は完璧だ。

すると騎士団の方から困惑の雰囲気が漂ってきた。

「どうかしましたが?」

「いや、その。この《魔術師》という職業を聞いたことが無くてな。」

「えっと魔術を使う人ではないんですか?」

そうして弥一も騎士団の反応に困惑している中、ロジャーがこう言った。




「”魔術”、とは?」











「・・・・・・・・・・・・・へぇ?」

「魔術がない世界で魔術を使って世界最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 海月13

    本当ですね!?うっかりしてました!ご指摘ありがとうございます!

    1
  • やもりん

    相川雄也のステータスに魔力がないのは何故でしょう…

    2
コメントを書く