ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

いつだって試験は命がけ

十ニ月一日。
この日は、俺を含む魔導学園の一年生にとっては、運命の日でもある。
『実用魔法検定三級』の試験日だ。
先輩は「そんな難しくありませんわ」と言ってたが、まあ、それでも緊張はするもんで。
「井藤、勉強してきたか?」
「さすがの俺も、進級がかかってりゃあやるさ。すげえめんどくさかったけど」
「俺落ちるかもしんないから、その時は俺の分まで高校二年生を楽しんでくれ」
「バカ野郎ナチュラルにフラグ建てんなって。っつか、お前落ちたらあの四人とかめっちゃ悲しむだろ。……俺もお前みたいな後輩いらねえしな」
おい最後何だ。ちょっとイラッときた。
「俺だってお前なんかを先輩呼びしたくないよ。……何か無性に腹立ってきた。落ちないように頑張るか」
「おうよ。なに、六十点以上で合格だ。そこらの検定よりはラインが低いからよ」
あ、マジ?六十点で合格出来んの?何それ知らないんですけど。
俺は若干驚きつつ、席についた。


「では、試験用紙を配布する。この試験では、私語、カンニング、試験中の立ち歩き等は一切禁止。疑わしい行為をした場合でも、前述の行為と同等と見なし、失格と見なすので、注意するように」
妙に堅苦しい七三伊達メガネの先生が、試験用紙を配布する。……左手でメガネの位置直したりしてるし。
「では、始め」
で、配られた用紙の問一がこれ。

問一、魔法を行使する上で詠唱するものを魔法文と言い、それにより魔法を発動する。魔法文において、魔力の過剰な流入を抑制する文を書き抜け。但し、魔法文は「嵐よ、我が身に集いて鎧を成せ。『天嵐の鎧衣』ストーム・ドレス」とする。

……あ、これ分かるぞ。普通に分かる。
俺は解答用紙に答えを書き込み、次の問題へ進む。

問ニ、現在、魔導師の扱うものは『魔法』。では、今から約百年前まで世界的に術者が多かったが、現在においてはほぼ使用されなくなったものは何か。

これは……俺達が使うのが『魔法』で、あと何だ?……魔……魔……魔術か!
百年の間に魔術が廃れたのも、色々人道的じゃない面があるからだもんな。魔法の方が扱いやすいらしいし。
「(……勉強会行ったからかもしれないけど、結構解けるな。もしかしたらこれ合格出来んじゃね?)」
淡い希望を抱きつつ次の問題に目を通すと、

問三、魔導省及び文部科学省の定める法律に従い、魔導学園を卒業。所定の手続きを踏んだ魔法の使用者を『魔導師』。魔法犯罪対処や警ら業務を行う魔法の使用者を『魔導衛師』と呼ぶが、魔導学園を卒業せずに魔導省から魔導師として認定された者の事を何と言うか。

ヤバい。これ分かんない。これも魔法基礎理論の授業でやったんだろうけど、多分俺寝てたな。
考えても全く分からなかったので、これは飛ばすことにした。

で、次の問題。ここからは魔法認識学の分野だ。
とりあえず付け焼き刃だけど勉強したもんね。

問四、次の文章の穴埋めをせよ。
【魔法認識学において、個人的願望を『   (一)   』と言い、集団的願望を『   (ニ)   』と言う。個人的願望と集団的願望が相互に及ぼす影響の法則を
『  (三)  』と言い、この法則によって起きた事象が世界に与えた影響の法則を『   (四)   』と言う】

ええと……一がミクロ願望で、ニがマクロ願望。そして三は魔法認識学第一法則、四が魔法第二法則か!
すらすら解けた。ありがとうございます先輩!
……で、次の問五が最後の問題。記述問題は、他の問題より配点が高い。多分十五点は取れるんじゃないかな。

問五、ミクロ願望とマクロ願望の関係性を説いた『マルクス・フェルディナント理論』第二章第二十五項において、【二つの願望は相容れないものであり、整合性を持たせようとすると矛盾が生じる】とあるが、あなたはミクロ・マクロ願望をどう考えるか。自由に書け。

……ダメだ。これちょっと難しいな。まあ、それらしいことでも書いとくか。

ミクロ・マクロ願望とは、元々整合性を持たせられない矛盾したものであり、個人並びに集団の思考を願望という分かりやすい例えで定義したものである。

途中から自分でも何書いてるか訳分かんなくなってきた。でも何とか書けたから良いや。

十分後、終了の鐘が鳴り、試験用紙が回収された。今日はこれで終わりだ。……どうしよ。今から試験の結果が気になるんだけど。
こうして、俺の初めて命がけの試験は終了した。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    続きをお願いします〜!

    0
コメントを書く