ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

バッタリ出会った金髪少女

十月三十一日。
『トリック・オア・トリート』と言うとお菓子がもらえるこの日、俺ん家雨宮家はバカみたいに騒々しかった。
「ハロウィンパーティーだよ!」
ケイトが満面の笑みを浮かべ、そう言った。
「ハロウィンパーティーねえ……。私も参加しようかしら?」
頬に手を添えながら言う母さん。
「良いんじゃないかな。俺もお菓子欲しいし」
おっと本音が出ちゃった。……ま、事実だからね。
「暁……もしかしてお菓子が欲しいだけなんだね?」
……和水さん。その通りでございます。
「じゃあ、色々買ってこなきゃね。暁、パンプキンパイって買ってこれる?」
「多分売ってるよ。いくつ欲しいの?」
「……あら、パーティーって何人来るのかしら。それによって変わるけど……」
そうだな……。とりあえず井藤と近藤、エマ、先輩の四人で、それに俺達五人で締めて九人か。こりゃ賑やかになるなあ。
「とりあえず九人分買ってくる。呼びたい人がいるんだ。ちょっと財布取ってくる」
俺は一旦部屋に戻った。そういえば久しぶりに戻った気がする。

数分後。
「じゃ、行ってくるよ」
「気をつけてね?」
「分かってるよ」
靴を履き、外へ出る。十一月に差し掛かり始めたこの時期の風は恐ろしく冷たい。
思わず身震いをすると、俺はポケットに手を突っ込んだ。
「(カイロでも貼ってくるんだったな……)」
完全に後の祭りなので、悔やんでもしかたない。


某スーパー。
このスーパーってケーキ屋と隣接してるから、買い物する身としては凄く便利なんだよな。
「(ケーキ屋……あれか)」
地味に毎年の誕生日のケーキをここで買ってたので、場所はすぐに分かった。
「パンプキンパイ……これか。……っていうか、何気に高くない?」
一個三百五十円は辛いなあ。
「……あれ?雨宮君?」
振り返ると、金髪美少女が目に入った。エマ、ちょうど良いところに!
「ああ。エマ。偶然だね。ケーキ買いに来たの?」
「ケーキ屋にいるんだから、そりゃそうだよ」
グフッ。毒吐かれた。ちょっと心にきますね……。
「まあ、ちょっとしたパーティーかな」
「パーティー?」
「うん。ハロウィンパーティーみたいなやつ」
お、ちょうどウチでやるのと同じだ。……誘ってみるか?
「なあ、エマ。ウチでもハロウィンパーティーやるんだけど、来てみない?もちろん、予定がつかないなら強制はしないよ」
「待って。お母さんに聞いてみる」
スマホをポケットから取り出し操作し始めるエマ。……あ、俺のにも通知来た。母さんからか。
【ケイトがチーズフォンデュ食べたいって言って聞かないのよ~。悪いけど材料買ってきて?お願い!】
チーズフォンデュ……。何か俺まで食べたくなってきた。ちょっと買ってきますかね。
「あ、迷惑じゃなければ行っても……良いかな?」
これはオーケーサインですな。
「うん。良いよ。……その前に、ちょっと買い物付き合ってくれる?」
……苦笑いされた。ほんとごめん。


「ブロッコリーと……ウインナー?」
「うん。チーズは家にあるから」
カゴの中にはレタスやブロッコリーその他野菜達が入っている。ウインナーはチーズフォンデュには欠かせないよ。ウインナーの無いチーズフォンデュなんてチーズフォンデュじゃない!
「……何のガッツポーズ?」
「いえ。何でもございません」
「何か悪い物でも食べたの?」
「そんな事は」
「……ほんとに大丈夫かなあ」
あの、エマさん。そろそろ私のライフがゼロになりそうなんですが……。
「買うものはこれで全部?」
「うん。悪いね。付き合わせちゃって」
「……ケーキ屋にいたのは何で?」
あ、パンプキンパイ忘れてたわ。
俺はカゴをエマに渡すと、自分でもビビるくらいの速さでケーキ屋へ戻っていった。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く