ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

雨宮君のお宅訪問

二日後。
「三日もベッドに寝かせとく必要無いよね!」と言う桜川先生の判断(独断)により退院した俺。
「……全くあの人は……」
優秀な魔法医なんだろうけど、ちょっと(どころかだいたい)ぶっ飛んだトコがあるからなあ……。
「ん?メールか。先輩からだ」
スマホに着信があった。……何かメールのやり取りのほとんどは先輩とやってる気がするんだけど、気のせいかな?
【急なお誘いで申し訳ありませんが、今度お暇でしたら、私の家に遊びに来て下さい。お待ちしてます】
ほんと急ですね!?……っていうか先輩ってお嬢様じゃん?お金持ちじゃん?だいたいお嬢様の親ってアホみたいに厳しいイメージじゃん!いつもの私服で行ったらぶっ殺しルート確定だろこれ!
「よそ行きの服なんてあったかな……」
スーツが良いんだけど、無いから……。あ、父さんの借りれば良いか。
「そうだ。父さんのスーツがあったよ。あれ着てけば多分大丈夫」
【先輩のお宅にですか?明日辺りにでも伺います】
こう返信したからには、早速スーツ探さなきゃな。


翌日。十月二十八日。
「……良し。ネクタイもバッチリだ」
鏡の前で、俺はそう呟く。ナルシストじゃないぞ?
「うわ、暁。何その格好。どっか行くの?」
入ってきたのは和水。ノックして!
「先輩の家に招待されたんだ。お嬢様の家だから、それなりの格好で行かないと」
「へえ。ま、楽しんで来なよ」
楽しめるものなのかね……?っていうか和水さん。何か機嫌悪くなってません?
「なってないよ。全然なってない」
……顔膨れてる。あの、言動と顔が正反対なんですけど。
「気のせいかな?和水、顔が膨れて……」
「膨れてないもん!機嫌良いから!ほら暁早く行きなよ!」
機嫌めっちゃ悪いじゃん!ちょ、押すな押すなって!階段転げちゃうでしょ!
そのまま俺は(よろけながら)靴を履き、

ばたん!

追い出された。……り、理不尽だ。和水さん、何で機嫌悪いの?
「先輩の家ってどこだ?」
当日になってふと思うこれ。目的地の場所が分からないってヤツ。皆も経験無い?
どうにもならず、俺は先輩に聞くことにした。
【急で悪いんですけど、先輩の家ってどこですか?】
すぐ返信が来た。めちゃくちゃ早いな。もしかして自分のすぐ隣にスマホがあるとか?
【少し遠いので、迎えの者を出します。雨宮さんは自宅の前で待っていてください】
迎えの者……あの黒服の諜報員もどき達か。

そして数分後。例の黒服達がやって来た。黒塗りの高級車に乗ってる……。
「お待たせ致しました。雨宮様。天条鳳邸までお送り致します」
「(ヤバい。すげえ緊張してきた……。とりあえず親御さんの前でヘマしないように頑張ろう……)」
天条鳳邸への道中、俺は緊張から来る胃痛と戦い続ける事になった。


「お待ちしていましたわ。雨宮さん」
わお。出迎えてくれた。着物だ。やっぱり似合うなあ。
「こんにちは。……何か俺が心配かけちゃったそうですね」
先輩ははっとした顔になり、
「そ、そうです!雨宮さん!身体におかしなところはありませんか?頭痛がしたり、お腹が痛かったりだとか______」
「え、えーと、特になんともないです。魔力の方も回復してきてますしね」
「そうですか。……良かった。本当に心配したんですのよ?雨宮さん、ぴくりとも動かないものですから_____」
「……あの、先輩。立ち話も何ですし、先輩の家の方で……」
スーツの男子高校生に着物の美女が詰め寄る図。
和洋折衷ってこういう事か。……多分違う。
「すみません。心配のあまり、つい……」
「いや、良いんですよ。俺の方に非がありますし、何より、心配してくれたのに感謝ですよ」
あの決闘は魔力の配分ミスったからな。で、結果的にぶっ倒れて先輩心配させちゃったし。
「感謝だなんて、そんな……。あなたは私の想い人なのですから心配して当然です……」
「え?最後何か言いました?」
モゴモゴ喋って聞こえなかったな。心配がどうとか言ってたように聞こえたけど……。
「何でもありませんわ。それより、何ですの?その格好は」
同じ事をちょっと前にも言われました!しかも理不尽に追い出されたんです!
「いや、先輩のご両親とかに会っちゃったりしたときに、私服はマズいかなーって……」
厳つい顔の着流しの父親とか、「中流階級庶民の者を入れる訳にはいきません」って言うような母親とか!
「……着流しに血統至上主義ですか。それ、完璧に時代錯誤ですわよ?」
「え?着流しも血統も無いんですか?」
「少なくとも私の家には、ですが。まあ、両親に会えば納得するでしょう」
じきに会うであろう厳格な父親と母親(想像)に内心ビクビクしつつ、俺は先輩の後を追った。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く