ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

茶道はわりと難しいのかもしれない

午後一時。講堂。
「この劇何気に面白いな」
「だよね。やっぱり上級生は違うなあ……」
二年一組完成度高過ぎだろ……。
「暁、これ終わったらどこ行く?」
「三年五組。先輩が茶道教室やるとかで賑わってるらしいよ」
めちゃくちゃ興味あるんだけど。何たってあの先輩が着物着て、お茶たてるんだからな。
「(浴衣姿は見たけど、着物は見てなかったな)」
ぼんやりそんな事を考えていると、
「……暁、寝そうになってない?」
「なってないよ。考え事してた」
姉さんが目の前で手を振った。
あ、ダメだ。真面目に眠くなってきた……。


「ふあ……」
「でっかいあくびして……」
あの後俺は寝落ちした。起きたのは最後らへんだけど、正直覚えてない。
「ここだよね?」
姉さんが指差したのは、『三年五組』の札。ちなみに扉には『ガチお嬢様の茶道体験!』と書かれた紙が貼ってあった。ガチお嬢様なのは間違ってない。
中に入ってみると、抹茶の匂いがした。……えっ、女子しかいない……。
「あら、雨宮さんに九条さんではありませんか」
「ちょっと体験してみたくて」
茶道はよく分かんないけど。
「体験希望か!よっしゃ。茶菓子茶菓子~」
「海堂さん。はしたないですわよ。もう少し女性らしい振る舞いを______」
「んな堅いこと言わずにさ!ささ、一年生諸君も座って!」
「は、はあ」
妙にテンション高いな。何でだ?
「あたし、海堂理奈。生徒会の書記やってんの。そんでこっちが______」
「天月美桜。よろしくね?生徒会では会計をやってるの」
海堂先輩に天月先輩か。すげえいい人そうだな。
「ねえねえ。そっちの君は何てーの?」
「んあ。私は雨宮和水です」
「雨宮暁です。和水さんは俺の義理の姉……ですかね?」
「ほお。和水ちゃんに暁君か。でもって姉弟と。良いなあ。あたし一人っ子だから」
海堂先輩一人っ子なのか……。っていうかさっきから天月先輩のお嬢様オーラが凄いんだけど。
……真面目にお嬢様だったりして。
「……あら?雨宮君、私の顔に何かついてる?」
「え、いや。天月先輩って凄く上品なんで、どっかのお嬢様なのかなーと……」
「うふふ。そう見える?これでも一般家庭の出身よ?」
マジか。気品溢れすぎだろ……。
「……あの、雨宮さん達は茶道体験に来たのではなくて?」
あ、そうだった。先輩二人のインパクトが強すぎてですね……。
「ああ、はい。えっと、何か、作法とか色々あるんでしたっけ?」
「その点は気にしなくても良いですわ。これは体験なのであって、本格的な茶道ではありませんから」
「あたしはどっちも良く分かんないな。お茶飲むだけでしょ?作法って、めんどくさそうだな」
「あら?理菜ちゃん、『こういうのやってみたかったんだ』って張り切ってなかったかしら?」
「うっ……痛いとこ突いてくるね美桜ちゃん……」
海堂先輩って体育会系のイメージあったから、こういうのやってみたいってのは意外だな。
こんなやり取りの間にも、先輩はシャカシャカと茶をてている。
「どうぞ」
「あ、失礼します」
茶碗を受け取り、ずずっと飲み干す。……あれ?音たてるのってオッケーなの?
「……美味しかったです」
何だろう。凄く違和感。
「そうですか。こちらも点てがいがあるというものです」
「桜良ちゃんのお茶は美味しいからね」
「天月さん……。褒めても何も出ませんわよ?」
あ、先輩の顔赤くなった。……照れてるんですね。
「暁、あんまりいるのも悪いから、そろそろ別のとこ行こっか」
「だね。じゃあ先輩。また後で」
「はい。それでは」
次はどこに行こうかと考えながら、俺達は教室を出た。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く