ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

浴衣選びとは、うらやまけしからんイベントの事だ

八月二日。
今日もセミは残り少ない余生を謳歌しようと鳴いているが、俺には暑さを倍加させる騒音でしかない。
「あっついなあ……」
テレビでは高校野球の決勝戦をやっていた。うおっ!?やったぞホームランだあ!
 「暁、何騒いでるの?早く行くよ?」
「あ、待って。今準備するよ」
慌てて準備する。と言っても帽子くらいだけど。
「良し。行こうか」
家を出た俺を迎えたのは、最高気温三十四度になるであろう外気だった。


江戸川駅。
「あら、皆さん。おはようございます」
「あ、先輩。おはようございます」
江戸川駅で落ち合った俺達は、新宿行きの電車を待っていた。
「今日も暑いですわね。今年一番では無いでしょうか……?」
「風の魔法使いましょうよ。我慢出来ませんって。こんなの」
「そうですわね。……清らかなる自然の息吹を。『煌めくそよ風』グリーティング・ブリーズ
一陣の風が吹くが、それは熱風だった。知ってたよ。うん。でもさ、もうちょっと涼しい風をくれませんかね神様さん。
「……もっと暑くなってない?」
「き、気のせいですわ!さあ、電車も来ましたし、行きますわよ!」
おお、エアコンが待っている。夏の電車って何気にこの世の楽園だよな。

「ああ……気持ちいい……」
座席に寄りかかりながら呟いたのはケイト。あの、非常に言いづらいんですが、向かいのおじさんが目のやり場に困ってます。
「あ、ケイト。パンツ見えてるよ」
「うわあ!嘘!?」
すかさず姉さんが指摘。おじさんもこれで一安心。
「(……すげー気まずい雰囲気になった……)」
寝る華。本を読む先輩。スマホをいじる姉さん。パンツが見えないようにスカートを押さえるケイト。そして新聞を読んでるおじさん理不尽な被害者
堪えかねた俺は、隣の先輩に話しかける。
「先輩。何読んでるんです?」
「これですか?『ロミオとジュリエット』です。シェイクスピアの」
「……全部英語だ。これ、分かるもんなんですかね?」
俺にはさっぱり分からない。そもそも分厚い本ってだけでゲンナリするなあ。
「読もうと思えば読めますよ?なんなら貸しましょうか?」
「ああいや、大丈夫です。日本語訳の方が読みやすいですし」
「そうですか……」
ションボリする先輩。可愛いけどすげえ罪悪感。
「あ、でも、『ライ麦畑のナンとか』は読んだことありますよ」
「サリンジャーの『ライ麦畑で捕まえて』 ですわね。うちにもありますわよ?英語版が」
どんだけ本持ってるんだこの人。まさか全部読んだとか言わないよな……?
「え、本好きなんですか?」
「父が読書家でして。私もその影響で」
キキイと、鉄が擦れ合う音と共に電車が停止する。おじさんは足早に降りていった。


「おい、華。起きろ。着いたぞ」
「んん……」
眠っている天使を起こすのはものすごく申し訳ないが、起きないと降りられないからな。
「もう着いたの……?」
「寝てる間に着いたよ。ほら、降りるぞ」
「うん……」
寝ぼけ眼でトテトテ歩く華は、死ぬほど可愛かった。
「さて、浴衣選びに行こうか!」
「おーっ!」
元気があって大変よろしい。……俺は校長先生か?


「見てみて暁!これ、可愛いでしょ?」
花柄のピンクの浴衣。良いな。絶対似合うよ。
「うん。良いと思うよ。それにしたら?」
「まだダメ。もうちょっと良いのが無いか見てみる」
こだわりがあるのか?まあ、待ってあげるけど。
「暁、この浴衣どうかな?」
試着室のカーテンを開けて出てきたのは、黒地に花火柄の浴衣をまとった姉さん。
「おお、渋いなあ。良いね。何かこう……大人って感じがするよ」
「えへへ……ありがと!」
上機嫌で試着室に戻る姉さん。さあ、煩悩VS俺の第一ラウンド開始だ。


「雨宮さん……私も見てくださいますか?」
「ええ。どうぞ」
試着室から現れたのは、どこのやんごとなき家柄のお嬢様だと疑いたくなるような女性……あ、マジでやんごとなき家柄のお嬢様だったわこの人。
「どうですか?……変でしょうか?」
何だ?顔が赤いな。……暑さで滅入ってるのかな?
「あ、ああ。もう全然綺麗ですよ。ほんと、似合ってます」
誰か俺に語彙力を分けてくれ!プリースボキャブラリ!
「そうですか……!じゃあ、これにしましょう!」
わあ。喜んでくれたぞ。あとすげえ良い香りがするんだが。これあれか?バラとかの香水かな?
「雨宮さん。小物なども欲しいのですが、一緒に見てくださいますか?」
「ああ……一緒に行きたいんですが、この流れだと華の浴衣も見なきゃいけない気がするんですよ」
興味あるしね。
「あら、それは仕方ありませんね。……もっと一緒にいたかったのですが……」
え?もっと何だって?……耳掻きしなきゃな。っていうか最近耳が聞こえづらいんだが、何ででしょうね?

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く