ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

お嬢様だからって女子校に入る訳ではない

八月五日。夏祭り当日。
ヒグラシが精一杯鳴き、夕暮れを告げる。
この時間帯になっても自重しない暑さには不快感を通り越して敬意すら抱く。
「暁!見て!」
振り向くと、山吹色の浴衣をまとったケイトが立っていた。あ、結局ピンクやめたのね。
「おお。山吹色か。中々似合ってるよ」
「えへへ。ありがと!」
「祭りって何時から?」
「えーっと……六時過ぎくらい?」
今は……四時四十分か。一時間ちょっと余裕があるな。
「暁、天条鳳先輩連れてきたよ」
玄関先からひょこっと姉さんが顔を出した。
「こんにちは……あ、今の時間帯はこんばんはでしょうか?」
「多分こんばんはじゃないですか?良くわかりませんけど」
こんにちはとこんばんはってどの時間帯から使い分けるんだろうね。
「あ、お茶出しましょうか?」
「良いのですか?」
「安物の緑茶とお茶請けですけどね」
自虐ネタらしきものに走ってみた。中所得層をナメてはいけない。
「暁、何か顔が老けて見えるんだけど……」
中所得層と上流階級お嬢様の格差に落胆してただけです。はい。
「構いませんわ。むしろ、私は雨宮さんの淹れたお茶が飲みたいのです」
これが大企業のお嬢様か。上流階級にありながら庶民俺達を見下したりしない。これなんて言ったっけ?フランスの……のぶれ……ナンとか?
「『ノブレスオブリージュ』ですわね」
「そうそれです!そうか。ノブレスオブリージュか」
確か貴族の責任がどうとか言ってたな。
「まあ、私は貴族と言うより、お金持ちの娘でしょうけど」
「……ん?ちょっと気になったんですけど、良いですか?」
「何でしょう?」
「先輩って、何でお嬢様校とかに入らなかったんです?ウチ魔導学園より良い学校はあるはずですが」
城桜学園とか、聡明学舎高校とか。
「城桜は偏差値七十二、聡明学舎は七十八。対して魔導学園関東校は六十八。雨宮さんは、なぜそれらの高校にいかなかったのかと聞きたいのですよね?」
「はい」
ここら辺じゃ、城桜、関東校、聡明学舎の順に進学率が高いしな。
それに、城桜は小学校から大学までエスカレーターらしいし。
「まず第一の理由に、学科の専門性です。城桜は普通科、看護科があり、聡明学舎は普通科と総合芸術科があります」
どっちも珍しい学科を持ってる学校だ。看護科なんて職業によっては即戦力になるし。
「しかし、関東校は魔導科のみ。つまり、魔導師を育てる為だけに造られた学校なのです」
これを。と先輩が渡してきたのはスマホ。関東校のホームページが開かれている。
「『本校は生徒の自主性と個性を何よりも尊重し、個人にあったカリキュラムを展開していきます』……あっ」
スマホとられた。また何か操作してるぞ。
「すいません。……こちらを」
今度は城桜のホームページ。
「『清楚、そして信心深い生徒を目指して』……」
「元来、城桜はキリスト教系の学校として運営されてきました。校内には十字架がありますし、制服が修道女シスターのそれなのです」
それは知らなかった。広島に仏教だかの男子校があるのは知ってたけど。
「私は無宗教主義ですし、何より魔導師になることを一番に考えていたので、魔導学園に入学したのです」
つまり上流階級が入るような(言い方がアレだけど)なよなよした学校じゃなくて、自分がなりたいものに近づける学校を選んだわけだ。納得。
「それに……共学校に入れば、雨宮さんに会えると思いましたし……」
共学校に入れば何だって?ああもう。耳かきの棒はどこだ!

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー271431

    主人公ことごとく大事な所、聞き逃すよね。わざとと疑いたくなるくらいに。

    0
  • ガウェインクロフト

    心を読んでいることには触れないのですか?

    0
コメントを書く