ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

水着選び(拷問)

「海?」
『そうです!雨宮さん!海に行きましょう!』
晩飯後の俺にかかってきた電話は天条鳳先輩からだった。
「海ですか。まあ、暑いのもウンザリしてましたし、涼むのに良いんじゃないんですか?」
『決まりですわね。では、明後日午前九時にお迎えにあがりますわ。それでは失礼』
……迎えに来るのか……。何か派手に無礼を働いた気がする。


「海?天条鳳先輩が?」
「うん。明後日だって」
いの一番に姉さんに告げた。
「……皆予定入ってる?」
「私は特に入ってないよ」
「……私も……」
皆暇人なんだな。俺が言えた事じゃ無いけど。
「……あ、みんな水着持ってる?」
「去年のあるけど、多分もう入らないかもねー」
「スクール水着じゃダメ?」
「こういうのはダメなやつだよ。もっと可愛いのを着てかないと」
姉さん何気に乗り気なんだな。海行けるって聞いてテンションアガってんのかね?
「俺は貰い物の海パンがあるから、大丈夫っぽい」
「じゃあ、明日水着買いに行こうか!暁も来るんだよ?」
「何で!?」
「何でって……ほら、男の子の意見も聞きたいし……暁に見てもらいたいし……」
「え?俺が何だって?」
良く聞こえなかった。耳掃除しないと……。
「ううん。何でもない!とにかく明日は皆で行くから!」
拒否権無いっぽいな。……女性水着のコーナーに行くとか新手の拷問ですかね?


翌日。某デパート。
「暁、これどう?」
「良いと思うよ」
「ねえ暁!これ可愛くない?」
「おー、それ着てみたらどうだ?」
シャッ!と試着室の仕切りが開く。
「おお……」
「どう……かな……?」
良い。良いですよ華さん……!
フリルのついた白色の水着。その清純さを程よいスタイルが引き立てている……って、俺は誰に向かって実況してんだよ……。
「じゃあ次は私かな」
次に入ったのは姉さん。大変よろしくない妄想が捗る音がおさまると、中から水着の美少女……もとい姉さんが出てきた。
……止めてくれ。ちょっと……あの、その……ッ!
「……?暁、顔赤いよ?」
「何でも無いです」
ちょっとこれは強烈だな。いや、冗談抜きに。
「惚れたの?」
「いやあ、それは無いな」
危なく惚れそうでした。理性の勝ち。
「で、暁。これどう思う?」
「悩殺……。あ、うん。似合ってるよ」
「……それだけ?」
不満そうな顔をする姉さんだが、あいにく俺の語彙力ではこれが限界だ。
「じゃ、今度は私だね!」
数分後。
「じゃーん!どう?」
……金髪の美少女。スレンダーながらその様相はまるで妖精の様で____
……またやっちゃったよ。解説癖でもあるのか俺は。
心なしか周りが騒がしくなってきたな。
「皆その水着で良いか?」
「私は良いよ!可愛いから!」
「私もこれで良いかな」
「じゃあ、私も……」
満場一致の様だ。いやあ、明日が楽しみだ!
…天条鳳先輩はどんな水着だろう……。


レストラン。
「腹減ったな。何か食べる?」
「あっ!じゃあ私ハンバーグにする!」
「私はパスタかな」
「これにする……。雨宮君は何にするの?」
華が指したのはざるそば。中々良いものを頼むな……。
「俺はカツカレーで良いや。……三千円あれば足りるよな?」
そして数分後。驚きの速さというか、作りおきしたんじゃないのと疑いたくなるような速さで料理が運ばれてきた。……この様子じゃシェフは泣きながら料理してるんだろうな……。


「ギリギリ三千円で事足りた……」
ハンバーグ、パスタ、ざるそば、カツカレー。それと追加注文のドリンク三つ。しめて二千二百二十円。百七十円のドリンク三つも頼みやがって……。
しかし、ケイト立案の『明日が待ちきれないからちょっと水浴びしよう計画』なるものによって、俺の陰鬱な気分が根こそぎ吹っ飛んでくれたのでプラマイゼロとする。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く