ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

車内で結婚うんぬんの話するのはやめよう……

翌日。
やかましい程セミが鳴き、抜けるような青空の日だった。
俺達はリビングでもはや夏の風物詩となった高校野球の中継を見ていた。あ、今の入りそうだったのに……惜しいなあ……。
「ねえまだー?」
飽きたのか声をあげたのはケイト。そんなに楽しみなのか。
「今八時四十三分。もうすぐ来るから待ってろって」
「むうー……」
「暁、お茶飲む?」
「ああ。ありがとう」
「お、和水。俺も俺も」
父さんもか。……手つきが酒を注ぐときの手なんですがそれは。
「父さんは今度はいつ仕事行くの?」
「そうだな……。何もなけりゃ来週からだが、急ぎの取引やら営業業務が入っちまうと最悪明々後日からだな」
もう残り少ないのか。まるで夏休みだな。長そうに感じて恐ろしく短い。
「母さんは前の仕事いつ復帰する訳?」
そうか。母さん休職してたのか。
「うーん……。事務だから早目に復帰したいわね。和水達に負担かかっちゃうけど……」
「そっか。……っとと。はい」
「おう。あんがとよ」
「暁も」
「ん。ありがとう」
麦茶か。冷たくていいな。……うっ、キーンと来た……。
「父さん。天条鳳って聞かれて分かる?」
「天条鳳……ああ。分かるぞ。何せ会社の取引相手だからな」
「そこの娘さんは?」
「さすがにそりゃ知らね。っていうかいきなりどうした?婚約でも考えてんのか?」
瞬間、部屋の空気が冷え込む。あ、あれ。俺なんか悪い事言ったっけ?それに皆さん……特に華さん目が怖い!
あー何かデカい車来た。この辺にあんなの持ってる家があったのか。
俺が現実逃避に勤しんでいると、タイミング良くインターホンが鳴った。これ幸いと駆け出す俺。
「(多分天条鳳先輩だ!助かったー……)」
ドアを開けると先輩ではなくデカい黒服のおじさん五人(ご丁寧にサングラス装備)がいた。
「あ、あの…某国の諜報機関さんが俺に何のご用で……?」
黒服は何も喋らない。時間に比例して俺の汗も増加していく。銃とか向けて来ないよな?弾掴んだり銃身曲げたりなんて出来ないぞ?
俺がヤバい想像をしていると、
「雨宮様ですね。車内にてお嬢様がお待ちです。速やかにご出立の準備をされますよう」
喋った!?いやそうじゃなくて!
「あ、はい。ちょっと待ってください」

「何か迎え来たんだけど。急いで準備して来いだって」
「ちょっと待ってて。二階から荷物持ってくる」
「私もー」
心なしか(顔に出ているが)嬉しそうな顔をするケイト。
「しかし……生の黒服連中なんて初めて見たぞ」
ドラマとかで見る機会はあっても、実物を見たことは無かった。……いかつい顔してるのは一緒だな。

車内。エアコン最高だぜ。
「しかし天条鳳先輩の護衛だったんですか」
「ええ。この五人は特に優秀な方々です。まあ、夏の炎天下でスーツを着ても汗一つかかないのは優秀を通り越して恐怖しますが……」
何それ怖い。金目当てで走る人を黒服が捕まえる番組かよ。
「いきなり来たときは某国の諜報機関さんにマークされてたんじゃないかと思いましたよ」
「ふふ……サングラスも相まって雰囲気満点だったでしょう?」
五秒後に死ぬと思ったのはあれが初めてだわ。スーツの内ポケットから銃取り出してもおかしく無いくらいだったし。
「雨宮くん……死にそうだったの?」
「え、いや違うよ。俺の勘違いだよ」
「しかし……家を出る前に一悶着あったようですが?」
「あ、あー。あれですか。あれは気にしないでください。ほんと何でもないです」
父さんが「夏の解放感に任せて女を押し倒すなよ」とか言うから!
「そうですか。……でも……」
「でも?」
「あなたと一緒に何かするのは、十一年ぶりですわね……」
嬉しそうな顔をしつつも寂しそうに笑う先輩。っていうかあれ風船取っただけじゃあ……。
「え、暁。十一年ぶりって何?」
「それ気になった!」
「教えて」
……地雷踏んだっぽいぞ。
「あー……。えーと、その……」
言うか言うまいか迷っていると、
「私が幼い頃に、木に風船が引っ掛かった子とがありましたの。どうしようもなかった私の代わりに、雨宮さんが取って下さいまして」
マジックハンドでな。素手で取ったら俺はゴム人間か何かになるぞ。
「へえ、暁。すごいじゃん」
「さすが暁ね!私の婚約者なだけあるわ!」
「……すごい」
俺が褒められていると、先輩の顔が少し曇った。
「……そこのあなた。今『婚約者』とか言いましたよね?」
「……そうですけど。気に障りました?」
「気に障るも何も、雨宮さんは私の婚約者なのです!あなたの様などこの馬の骨ともとれぬ女に盗られてたまるものですか!」
えっ!?婚約者とか初耳なんですけど!何がどうなってんだよ……。
「とにかく!雨宮さんがあなたを選ぶなど、あり得ませんわ!」
「ぐ、具体的な理由は?」
「まずあなたはもう少し淑女然とした振る舞いを心掛けるべきです。うるさい女は嫌われますわよ」
突き放すように言う先輩。このジャブからの、
「それと、『私にあってあなたに無いもの』ですわね」
鮮やかなストレート。……あ、それって……。
「そんなのどこに…あっ!」
おいやめろ夢を見させてやれって。
「……ぐううう~!」
「理解しまして?これが具体的な理由ですわ」
お、大人気ないお嬢さんだな…。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く