ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

天国と言う名の地獄

「……ただいま」
「おう、お帰……あ?何だその格好は。女装にでも目覚めたのか?」
ああ、やっぱりな。そしてこれこの姿は女装じゃない。
「いや、ちょっと色々あってね。女子になったんだ」
「女装じゃねえのか?」
「魔導大祭の競技で魔力欠乏起こしたらこうなった」
「ほお~……」
そう言って父さんが俺の身体を(もちろん女子)じろじろ見てくる。
「若いときの母さんそっくりだな!」
『母さん』というのは俺を生んだ方の母さんだろう。
まさか母さんこんな胸あったのか?
「……ちょっと風呂行ってくる」
「んお?おう」
やけにテンション低いな父さん。それ以前にあの四人はどこだ?……あ、本屋いってたりゲームしてんだな。うん。多分そうだ。


我が家の風呂は結構広い。頑張れば四、五人余裕で入れるような風呂だ。
服を脱ぐのに苦労し、(その上ノーブラだった事に気づく)結わえていた髪をおろして風呂の扉を開いたら_______

「暁!一緒に入りに……誰!?」
「いや、まず何故いる!?」
ちょっと……いやめっちゃビビったわ!
「わあ……。雨宮君が女の子になってる……?」
「ええ?ほんとに暁なの?」
生まれたままの姿の三人がこちらを見ていた。
……数秒、いや数分間時が止まったようだった。
「なんかごめん」
「いや、暁は悪くないから!これを言わなかった父さんが悪いんだよ!?」
しれっと責任転嫁すんのやめよ!?な!?
「まあまあ、なっちゃったものは仕方無いし、暁と一緒に洗いっこしようよ!」
「洗いっこ……ふふっ」
「良いねぇ。……ほら、暁。お姉ちゃんとこおいで?」
うわあ……何でだ。全国の男子が夢見たシチュエーションなのに全然興奮しないぞ。むしろ第六感が『逃げろ』と言っている。
俺が後ろに後ずさりすると、
「こらー!逃げるなー!」
「ぐえ!?」
ケイトの強烈なタックルが俺の腹にクリーンヒットした。格ゲーなら二百くらいダメージ入ったんじゃね?
斯くして俺は洗いっこに強制参加となった。
ぶっちゃけ『洗いっこ』という名の地獄だったが。
「え……暁ってこんな胸おっきかったの?」
「いやこれ俺のっていうか…『宮雨暁姫』のものだから……」
「むう。でもおっきいのに変わりはないもん。……こうしてやる!」
「ひゃっ!?ちょ、やめ……っ」
むにむにむに。と容赦なく俺の胸を揉みまくるケイト。そのせいで変な声出たじゃん。誰か助けてくんねーかな。
「こら!暁が困ってるじゃん!やめなって!」
舞い降りた天使……もとい姉さんが間に入り事なきを得た俺。

「ごめん暁。私達上がるから、ゆっくりしてってよ」
それじゃ。と三人は出ていった。
俺は湯船に浸かり『宮雨暁姫』の身体を眺める。(もちろんやらしい意図など微塵も無い)
「ほんとに女子だなあ……」
髪の長さも、顔つきも、肩幅、骨盤の大きさも違う。
「……いかん。あんまり見ると目がヤバい」
雨宮さんも年頃の男子でしてね!『自分』の体とは言え女の子の体をじろじろ見るのは目に毒なんだよ。分かってくれよ全国の男子諸君!

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く