ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

雨宮くん、女子になる

「……んん……?」
ここは…医務室か。妙にデカい機械やら薬品棚があるが、ここは間違い無く医務室だ。
ふと、俺は胸元に違和感を覚えた。
「……何か重いな……」
そこに(自称)立派な胸板の姿はなく、替わりにとても立派な双丘が見えた。
「は!?え、ちょっ、何で!?」
そして声もいつもより高い。(自称)深みのあるテノールボイスは何処!?
堪らず俺は鏡を見る。すると、
「女の……子?」
黒髪黒眼。髪は背中の中程までありそうな美少女が映っていた。


「あー……。どうするかな……」
斯くして女子になった俺は、急遽対策(と言っても一人称とか作法の問題だが)を練ることになった。まずは一人称だが、
「『俺』?」
いや、文句無しのボツだ。『俺』はさすがにねーわ。
「『僕』?」
一部にウケそうだが一般論で却下。
「『ウチ』?」
いーや、この容姿でそれは無いな。断言出来る。
「『私』?」
うん。これだ。やっぱり女の子はこの一人称だな。
「作法は……とにかく女の子らしくしてみるか」
大雑把な対策は決まった。
「あとは髪型……さすがにこれじゃあ邪魔くせえな」
男子でも(おそらく簡単に)出来るポニーテールにしておく。
「しっかし…ポニーテールにしてもまだ首より下になるのか……」
かなり長い髪だな。まあいいや。


「さて……。一応井藤と先生と……あの四人には言っとこう」
『井藤』と言うのは俺の親友の事だ。高校に入ってから出会ったが、意外にも家が近かったりする。
「さて井藤はーっと……お、いた」
選手席で……一人でカードゲームしてるな。ぼっちかよ。
俺は井藤に近づき、
「い、井藤君」
「どした……うおっ」
びっくりしてら。我ながら堂に入った演技だと思うが、井藤を『君』付けで呼ぶのはどうも気に入らない。
「ちょっと……話があるんだけど、良いかな?」
「お、おう。良いぞ」


「それで、話って何かな?」
人気の無い場所に井藤を呼び出した俺は、
「……今から言う事、信じられないだろうけど、出来るだけ信じて欲しいな……」
「お、オッケー。分かった(何だ?告白か?)」
「その……私……いや、『俺』が、雨宮暁なんだ」
はあ?という顔をする井藤。まあ、予想通りだ。
「え、ちょっと待て。君が、いやお前が雨宮暁なのか?」
「ああ……さっきの模擬魔法戦の後からこんなになってな」
「マジか……よく分からんが大変だな」
うん。マジで大変。特に胸が重くて敵わん。
「で、だ。これからしばらく、男に戻れるまで俺は『宮雨暁姫』みやさめみつきとして学園にいる予定だ。ちなみにこれは秘密な」
「ああ。だいたい察した。親友の頼みなんだ。無下にも出来ねえしな。ま、これからよろしく頼むよ。宮雨さん」
「ああ。……これから先生とあの四人にも言わなきゃなんだ」
正直どんな反応するのか少し怖い。


「先生」
「んん、どうしたのかね。君」
相変わらずヨボヨボな先生に話しかける。
「今から言う事は誰にも言わないでください」
「あい。分かった」
俺は深呼吸すると、
「実は私、雨宮暁なんです」
「……ほう。君がか。……にわかには信じられんが」
「それは承知の上です。その……模擬魔法戦の後からこんなで……」
「そうか……して、どうするのかね?」
俺はこれからの事、そして、『宮雨暁姫』として学園に通うことを話した。
「あい。分かった。臨時の生徒名簿と制服は学校に掛け合って注文する。宮雨君はそれまで自宅待機でいいかね?」
「分かりました」
あとはあの四人に言うだけだ。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く