ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

転校生はだいたいチヤホヤされるよね

部屋から姉さんを追い出した俺は、制服に着替え、リビングへと下りる。
当の姉さんは、転入の準備があるとかで先程家を出ていった。
「おはよう」
俺は既に集まっていた家族に挨拶をし、実の母の遺影が飾ってある仏壇に手を合わせる。
そして、朝食が始まった。
「暁!この玉子焼き私が作ったのよ!食べてみて!」
「トマト……食べる?」
何とも形容しがたい状況だが、無理やり平たく言うと、
「(天国であって地獄だ……)」
右側は静かに食べていてくれる華だから良いが、左側がとにかくうるさい。
頼むから静かに食べさせてくれよ……。


朝の支度を済ませ、学校へと向かう俺達。
しかし美少女(それも二人)を連れているせいか、周囲の視線が殺気立っているように感じないでもない。
殺気立った視線に晒されること三十分。俺達はなんとか教室へとたどり着いた。
教室はいつもよりざわついていた。転校生の噂がもう出回ってるのだろうか。
「なあ暁聞いたか?転校生が来るんだと」
「ああー。何か噂で聞いたな」
実は俺の姉なんだとは言えない。そんなことしたら確実に処される。
年老いた担任教師が入ってきて、
「ええー今日は転校生が来ている。君、入ってきなさい」
で、入ってきたのは、
「九条……あ、違うな。雨宮和水です。多分名字で分かるだろうけど、雨宮暁くんの義理の姉です。えっと、よろしくお願いします!」
俺は出来る限り平静を装う。(ここで下手に反応したら酷い目に遭いかねない)ちなみに俺が平静を装っている間、周りは、
「ちょー可愛くね?つーか美少女と暮らしてる暁爆ぜろ」
「マジスタイル良いなあ……。うらやましい。アタシもあんなくびれ欲しいよ……」
等々、好き勝手言っていた。何とでも言え。俺の太平洋より広い心が許す限り罵詈雑言を吐くがいい。
「あー、先生。雨宮くんと紛らわしいんで、九条姓で呼んでもらって良いですか?」
「ああ良いとも。九条君。君の席はそこじゃ」
指を指したのは教卓から見て右斜め後ろ。俺の真後ろにあたる席だ。
姉さんは俺の後ろに座ると、
「暁、朝振りだね」
『朝振り』というのは例のベッドの話か。いや、抱き枕にされたのは大変気持ちよかったですけど。
「人のベッドに潜り込むのはやめて欲しいなあ」
「えへ。ごめんね?」


斯くして、姉さんに対する質問が始まった。
「前はどこの学校?」
「魔導学園北海道高校かな」
「北海道校かあ……。あ、じゃあさ!」
「ん?」
「雨宮とはどんな関係?」
あ、それ聞いちゃいます?聞いちゃいますか?
「んー…義理の弟かな……今は」
ん?今何か聞こえた気がする。気のせいか。
「確かに!雨宮より大人っぽいし、スタイルも良いもんね!」
悪かったな。子供で。
俺がキレ気味になっていると、
「九条さんて好きな人とかいるのか?」
「うーん……。一緒にいたい人なら」
一緒にいたい人!?と、教室内がざわめく。
「うん。……具体的には暁とかかな?」
地雷を踏まないでくれ!頼むから!!
俺の願いも虚しく、教室の視線が全て俺に集まる。
「暁。処されるか、殴られるか。どっちがいいんだ?」
「……どっちもいやです。はい」
「……その、暁。ごめんね?」
姉さんが謝ってくれたものの、無慈悲にも俺への理不尽な処刑は執行された。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く