あたしは狡い人間です。

ノベルバユーザー173744

あたしは狡い人間です。

7年前、心療内科を紹介されたあたしは、病院の診察に一応『不安神経症』『不眠症』と診断された。
でも、『鬱』とは完全に診断されなかった。
なぜなら、鬱の診断とかテレビで見ていると思うが、幾つか当てはまっても、全部当てはまることはないからだ。
あたしは、掃除や料理をやる気が失せても、なにかを作ったり多肉植物や家庭菜園は大好き。
本も読めなくなると聞いていたがそれもなく、『統合失調症』の友人とウィンドウショッピング中、三国志関連の新刊を買いにいきたいと言うと、激怒して、

「本が読みたくても読めん私に、嫌がらせか!」

とキレられたが、そのときは、友人にブランドの服を買うとつれ回されイラついていたこちらの身にもなれと、逆ギレ寸前で黙っていた。
いくら貧乏でも、ブランドの流行のラインのワンピースやジャケットは憧れる。
でも、使うなら本に使ってなにが悪い。
ブランドを見せびらかす薄っぺらい人間より、知識欲のある女の方がまし。
そう思っていた。

ところで、『不安神経症』とは、簡単に言うと、いつもしていること……例えば鍵をかけて家を出て歩いていると、

「あれ?鍵かけたっけ?確かかけたよね?あ、それに、ガスの元栓閉めた?電気切った?」

と、段々不安になり、あたしは電車に乗っていたときも不安になり途中下車し、家に帰ったことが何度もある。
鍵とかもいつもおいておく場所を決めておかないと、毎回慌てる。
それとか、何かが起こると、また同じことが起きるかもと怯えて外に出られなくなるのだ。
去年の地震の時にも、強くなる地震に怯えて、泣きじゃくった事は新しい。

『不眠症』は、体が疲れているのに、頭のなかが活性化していて眠れない状態。
その為不眠症の人は、強制的に眠りに引きずり込む睡眠導入剤を服用している。
強制的に眠るので、普通の人のように寝返りをうったりせずほぼ同じ体勢のため、仰向けに眠っていると腰痛になる場合があり、『不眠症』歴10年以上のあたしは、腰痛持ちである。

そして、悪化すると『パニック障害』が追加された。
元々完璧主義者だったため、決めたことが順番に上手く行かないと不安になり、どうしようと思い始めるとパニックになるのである。

最近はまだましになったが、電車に乗れない。
人の多い道を歩くのが怖い。
夜外に出るのが怖い。
今日、ここまでやりたかったのに、出来なかった。
……何で?段取りが悪いから?じゃぁどうすれば良かったんだろう?
そう考えただけでパニックを起こす。



先日、市役所の人に舌打ちされ、

「そこまでしろと言いましたっけ?」

と言われ、パニックになり、

「〇、〇〇課の人に言われました」
「こっちでしますと言いましたよね?」
「言いました。でも、向こうが本当にそういったんです」

と全身から汗を噴き出しながら、必死に答えた記憶は新しい。

もう、頑張りたくない……もう、疲れた……。
昔は泣かなかったのに、最近は泣いてばかりである。
病院では頓服を出されているが、飲まないと外出できないので、ほぼ常時服用している。
寝るときにも不安感や恐怖感は消えない……その為、睡眠導入剤も心療内科で一番きつい薬を飲んでいる。

これ以上症状が悪化すると手に負えないと別の病院を紹介されるかもしれない。
それも恐怖である。

『鬱』というのは、よく、

「私、テレビで鬱っぽいって書いてた~」
「私も、なんか、それっぽいのよね?」

と、軽々しくいう人がいる。
だが、なった人間には本当に地獄の病である。
自覚症状も薄い場合が多く、悪化してから病院に行く人が多い。
それに適切な治療と言うよりも、本人にあったリハビリや静養が効をそうして、すぐに治り現場復帰をする人もいるが、あたしのように7年も現場復帰どころか悪化の一路をたどる場合もある。
気軽に『鬱』を言わないでほしい。
あたしは自傷をする友人を見てきたし、あたし自身いまだに『パニック障害』と言うよりもヒステリーやノイローゼに近いようでいて、自分の感情がぶれると言うよりも壊れ始めるようで恐怖に駆られることもある。
泣きじゃくり、悲鳴や叫びはマンションでは出来ないと、髪をかきむしり、血が出るまで全身を爪で引っ掻き続けたこともある。

人間関係が壊れていった……友人はもう一人も近くにいない。
それ以前に、もう、自分が自分で無くなっていくようで、日々苦しくて辛い。

本当のあたしはどんな人間だったのだろう……。
多分、自分を偽り、にこにこと笑顔で、

「うんうん、いいよいいよ」
「姉ちゃんがやっておくわ~」
「仕方ないね。これはしておくから、別のをお願い」

と偽善者を演じていたのだろう。

でももう、覚えていない……。
今は、日々を生きるのに精一杯で……日々を生き抜けた……再び自殺願望を抱かなかったことに感謝する日々……。

責任を背負うのも、何かを期日までに終わらせることも、もう嫌で嫌で堪らない。
……多分、狂うというのはこういうことかもしれない……。



あたしに夢を抱かないでください……。
醜く狡い人間です。

「あたしは狡い人間です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く