停導士の引き籠もり譚

山田 武

二人で旅をしよう



 パカパカと戦馬が進み、ガラガラと馬車が動く。
 今は居る場所は俺の居た国と目的の隣国の中間にある街道だ。

「はい、今日はここで終わり。続きは明日で寝ることにしよう」

「……はい」

 周囲は既に夕日が山の中に沈みかけ、空には星が輝き始めている。
 そんな中で馬車を動かすのは面倒だ、それなら止めて休んでいく方がマシだろう。

 ヒステリックになった第三王女が叫んでから数日、俺と第三王女は隣国に移動中だ。

 馬車は俺が動かし、第三王女は馬車の中。
 それ以外に人はおらず、二人っきりの道中であった(侍従すらいない第三王女、どんだけ周りに信頼できる奴がいないんだか)。

「…………」

 まぁ、第三王女は俺を殺すような目付きで睨んでいるし、何も起こらんがな。
 魔法で食材と調理器具を取り出し、適当に料理していく。
 さすが(料理)スキル、全然料理など作ったことの無い俺でも美味いと思えそうな代物が出来上がったよ。

「ほら、飯ができたぞ。さっさと食え」

「……はい」

「それじゃあ、いただきます」

「……いただきます?」

「お前らの祈りと同じようなものだ。俺達の糧となった食材に感謝を籠める……ま、そんな感じのもんだ」

「……そう、いただきます」

 両手を合わせ、そう呟く第三王女。
 彼女の中で、一体俺がどういった存在として纏まったかは分からない。
 だがそれは、別に殺意だけの存在ということでもないのは良く分かった。

 俺の知る、自分の知らない知識を取り込んでいき、異世界の知識を学んでいく。
 彼女がそれをして何をするのかは分からないが、俺がやっている日常的な行動を真似しているだけだし、面倒事にはならないかということで大体説明している。


「ふぅ、ごちそうさまでした」

「……ごちそうさまでした」

「じゃあ俺はこれを片付けておくから、お前は――こっちの風呂にでも入ってろ」

「……はい」

 (元素魔法)で土を固め箱を造り、中に適温のお湯を注いでおいた。
 扉は無いが、脱衣室なども用意してある。
 ついでに(結界魔法)も使っているし、誰も観ることはできないだろう。

 第三王女は指示に従い、風呂の方へ向かっていく。
 その間に水と風を操り、食器を洗う。
 ……いや、手で洗うのは面倒だしな。

 そして、同時にマチスへと連絡を計る。
 魔力を繋いでーっと――。

「マチス、平気か?」

《はい、大丈夫です。どうなさいました?》

「レンブルク、そこのクラスメイトはどんな感じだ?」

《現在は……迷宮に居ますね。国の兵士を引き連れて、レベリングといったところかと思われます》

「面倒だなー。というか、能力的にバレても無いからな、アイツは。そういうレベリングも任せられるのか」

《魔法特化……でしたか? 主に敵わないのは自明のことですが、あの威力は異世界人でも有数の実力と思えました》

「まぁ、そういうチートだからな。俺の知っている時は唯一スキルを持っていなかった気がするが、それでも先代のお前にダメージを与えられるぐらいの魔法だったしな」

《……今でしたら、勝てます》

「あぁ、分かっているさ。お前は俺の為、命令があったらアイツを倒せ。ただし、絶対に殺すな。復讐で面倒な【勇者】様が騒ぎ出しそうだ」

《承知しました》

 繋いでいた魔力の線が途切れ、マチスとの連絡が終わる。
 既に乾燥した食器類を(異空間収納)に片付けて、周囲の索敵を行う。

(周りには……チッ、第三王女って立場も大変なのかね? あの王様が護衛を用意するだけあって、結構面倒な仕事になりそうだ)


 少し場所を移動して、静かな平原に立つ。
 此処なら、悲鳴が上がっても第三王女が気付くことは無いだろう。

「おい、そっちに居る奴。早めに出てくれば命だけは勘弁するぞ」

 暗闇に向かってそう語りかけると――闇が一部歪み始め、そこから複数の怪しい奴らが現れる(全員黒いフードだし)。

「……ヴァプールの異世界人か」

「それがどうした?」

「お前とバスキの第三王女の命、ここで取らせて貰おう」

「うっわー、ベタ過ぎる―」

 というか、俺もターゲットなのかよ。
 ヴァプールの異世界人? 他の国でも地球の奴を召喚してるってことか?
 それに此処で俺と第三王女の命を取る? なら、犯人は一体誰だ?

「……あぁ、考えるのが面倒だな。お前らに直接訊いた方が早いか」

「……させると思うか」

「当然だろう? 面倒だが、偶にはやるしかないって時もあるもんさ」

「……死ね」

 俺と話していた代表っぽい奴のその言葉と共に、周りの五人程の仲間が動き出す。
 縦横無尽に俺を囲い、俺の隙を伺う。

 でも、驚いてるんだろうなー。
 だって俺、まだ武器を構えてすらいないからさ。

「……正気か? 本当に死ぬぞ?」

「いいか、勝負ってのは始まる前から始まっているらしいぞ。それは死合でも同じ、俺が何もしていないと思った時点で、それはお前らの負けが決まったんだよ」

 気付けただろうか。
 俺の足元を中心に、闇よりも黒い影が自分達の元へと広がっていることを。
 親切にヒントをやったんだが、それでも目の前の奴らはそれに気付くことは無い。

「……ハァ、仕方ないか。やってくれ」

《お任せを》

 そう、俺の脳裏に響いた瞬間――黒い影から血の槍が出現した。


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く