停導士の引き籠もり譚

山田 武

彼に話は視られる



バスキ


 イムが担当する小国の王は、重鎮達を集めて夜中に会議を行っていた。

「異世界人は、もう寝ているな?」

「はい。侍女が既に確認しています」

「……そうか。では、早速状況を報告しろ」

 全ては、ヴァプール王国が行った儀式魔法によって引き起こされた。

 ――勇者召喚

 異界の地より勇者と、勇者の従者を召喚するその魔法は、本来禁忌の魔法として全ての国同士で結んだ盟約によって使用を禁止されていた。
 だが、ヴァ―プル王国は何らかの方法で盟約を掻い潜り、その魔法を発動させる。
 結果、大量の異世界人がこの世界へと現れて、各国は恐怖に襲われることになった。

 異世界人。
 それは、この世界の者よりも優れた才能を持つ集団である。
 必ず強力なスキルを一つ有し、その中でも選ばれた者は唯一スキルと呼ばれるこの世界でも極僅かな者のみしか知らないようなスキルを、この世界へと呼ばれた瞬間から所持している。
 また、成長速度もとても速く、この世界の者が積み重ねてきた努力を冒涜する程速く、そして強くなっていく。

 その強さは、魔王というこの世界最凶の存在と渡り合えることからも証明されている。

 勇者だけでなく、異世界人全てがその生長速さを持つ。
 かつて、とある国が勇者の従者の反感を買い、単独であったその者に落とされた……などという伝承が語り継がれている程だ。

 なので、国は勇者達の力を恐れていた。
 自分達もまた、その伝承と同じ目に合う可能性があるからだ。
 ヴァ―プル王国は勇者を利用して戦争をする……それは、全ての国が共通して理解していることである。
 本来ならばそのような国、滅ぼさなければならない。

 だがしかし、彼の国には勇者がいる。
 下手に手を出せば伝承と同じ未来を歩んでしまうことは間違いない。
 なので、今は黙って従うしかないのだ。

 ――例えそれが、自身の国に勇者達を受け入れるような命令であっても。

 その為、各国は勇者達をとても注意深く見張っていた。
 いつ爆発するのか分からない爆弾……それが、彼らの扱いである。

「この国に来た異世界人――イムは、私達の指示を忠実に受け入れています。討伐依頼であろうと採取依頼であろうと……言われれば成果を出しております。ただ、対価として要求したダンジョンに再び行った記録がありません」

「ほう。我が国のダンジョンはとても簡単に攻略できる筈なのだがな。討伐依頼をこなせているイムならば、問題無く単独で進んで行くと思っていたのだが……」

 イムの居るバスキのダンジョンの一つ『ハイランド』は、極めて階層数の低い小迷宮と呼ばれるものである。
 ギルドによるダンジョンの完全把握ができており、今や産業の一つとして組み込まれている程だ。

 その為王は、イムが何度もダンジョンに向かい、急速なLvアップを図ると思っていたのだが……。

「皆の者、イムは何を考えていると思う。あの国から送られてきた資料を鵜呑みにするならば、まだ行っていないの一言で済むが……あの国のことだ、唯一スキルの存在を隠しているかも知れない。ならば、自分達でアヤツの考えを読み取るしかない」


 ……実際ヴァ―プル王国は、一部の者のステータスを改竄してその国へと渡してある。
 それは、(魅了)であったり(カリスマ)であるのだが……この国は知る由も無い。

 今宵もまた、王はイムを調べ続けた。
 いつの日か、この国に戦火の炎が飛ばないようにする為に。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


エテーナ 大迷宮 アイヴァン


「それじゃあ、少し休もうか」

 勇者達はヴァ―プール王の指示に従い、ここエテーナにやって来た。
 そこで頼まれたのは、世界に限られた数しか存在しない大迷宮である『アイヴァン』の攻略である。

 本来エテーナ側は、ダンジョンを攻略されたくなかったのだが……ヴァプールがそうしろと遠回しに告げた為、仕方なく勇者達にそう頼んだのだ。

 そんな事情を知らない……いや、知らなくても構わないと思っている勇者達は、現在二十階層の階層主を倒したところであった。

「ユウキ、お前は本当に強いよな。さっすが【勇者】様だな」

「ハハッ、コウヤ。そんなことを言ったらお前も【護闘士】だろ? 僕の攻撃を余裕で防げる奴なんて、もうクラスメイトだとお前だけだよ」

 男同士で、そう話し合う二人。
 唯一スキルを持つ彼らの成長率はクラスメイトの中でも軍を抜いており、今では唯一クラスの中でもトップの戦闘力を誇っていた。

「二人共、早く下に行かない? 私達は強くならないといけないんだよ?」

「ちょっとアユミ、落ち着きなさいよ。焦っていたら、いつ危険な目に遭うか分からないのよ? 今はMPを回復させることに集中しなさい。今までの戦いで、だいぶ使ってるんでしょ?」

「…………分かった」

 そうやって話している二人の元へ、二人の女子がやって来る。
 彼女達もまた、唯一スキルを持ったクラスでもトップの強さを持った者達である。

 アユミと呼ばれた少女は、強くなることを望んでいる。
 召喚された地にあるダンジョンで、彼女は一人の少年を失った。
 クラスメイトの大半は彼を死んだと言っているが、彼女はそれを信じずに生きていると考えている。

 だからこそ、強くなってそれを確かめなければならない。
 その為、彼女は生き急ぐように強くなろうとしているのだ。

 古くからの付き合いを持つ幼馴染のチヒロは、そうした彼女の焦燥を感じていた。
 なのでこうして宥め、せめて死なないように説得を日々行っている。

「……纏まってないわね、このパーティー」

 そんな光景を少し離れた所で、和弓を持った少女が眺めていた。
 彼女――ツルネが言う通り、今のこのパーティーに纏まりは無い。
 元々彼ら四人は幼馴染で信頼関係はあるのだが、アユミの真の考えを男達が理解できていない為、行動に齟齬が起きているのだ。

「……ハァ、早く帰ってアイツをまた弄りたいわ」

 彼女の心に残るのは、一人の少年が弓を射る姿。
 やる気は欠片も無いというのに、放たれる矢の正確さ……それが、彼女の心を決して離さないのだ。

「じゃあ、みんな出発しようか! ツルネ、君も一緒に」

「……ハァ、分かったわ」

 勝手に名前を呼んでくる彼の性格にうんざりしながらも、彼女はダンジョンの奥地へと進んで行く。

 ――この光景を、その少年が覗いているとも知らずに。


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く