停導士の引き籠もり譚

山田 武

怪しい魔法を識ろう



 翌日、クラスメイト達のテンションはダダ下がり。
 ……まるで、葬式でもしているかのようなムードだ。
 いつもは煩いと思っていても終わることの無かったトークの声は完全に聞こえず、静寂が場を支配する。
 家なら当たり前の環境が、他人といる場でも久しぶりに味わえている。
 ……と思っていたのだが。

「みんな、少し良いかな?」

 我らのユウキ様が、自身の食事を終えた後にそう言い始めた。
 すると、クラスメイトは何やらそわそわし出す……あぁ、面倒なことになりそうだ。

「昨日のダンジョンで、大切なクラスメイトが僕達を庇って崖の底に落ちてしまった。だけど、ヤマト君が僕達を庇ったのは、こうして悔やむ為じゃ無い! ――(省略)前を向いて進む為なんだ! ――(省略)彼の有志を無駄にしない為にも、ダンジョンを攻略して見せようじゃないか!」

 ……あ~あ、やっちゃった~。
 ヤマト君が誰か、最初は分からなかったが今は分かる。
 ヒ……ヒメジってのは偽名だったのか。
 俺にわざわざ偽名を使っていたのは、もしかしたら既にチートを持っていたからかな?
 ま、俺はそのまま呼べば良いか。
 新しく覚えるのも面倒だし。

 ユウキは、一つやらかした――それは、ヒ……ヒフミ君を死んだということにしたことだな。
 だって見ろよアッチを――

「大丈夫、アユミ?」

「ううん、大丈夫だよ。ヒデ君は絶対に生きてる。だって約束したもん――」

 ヒ……ヒトシ君のヒロインがやる気になってるじゃないか。
 ……というか約束って、一体何時したんだろうか。
 苛められっ子って、異世界だと意外とモテる者なんだな。

「――――」

 それからも、ユウキによる演説は続いていた……が、本当にどうでも良かったので、自分の意識を遮断してジッと終わるのを待つことにした。

◆◇◆◇◆

 さて、ダンジョン帰りの俺のステータスを見てみようか――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ステータス
名前:イム・トショク (男) 
種族:異世界人Lv3 職業:【停導士】Lv2

状態異常:催眠

 HP:230/130 (JOB+100)
 MP:230/130 (JOB+100)
 AP:230/130 (JOB+100)

 ATK:50 (JOB+10)
 DEF:51 (JOB+10)
 AGI:50 (JOB+10)
 DEX:50 (JOB+10)
 INT:52 (JOB+10)
 MIN:51 (JOB+10)
 LUC:0

通常スキル
(言語理解)(鑑定)

唯一スキル
【停導士】
\(催眠魔法)(過剰睡眠)(意識遮断)
New
(解晰夢)〔+(限界突破)〕

祝福
(地球神の加護)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ――あれ、見間違いか?
 なんてボケる必要も無い、最後以外は全て事前に確認済みだ。

 催眠は……そのままだから説明は無しだ。
 (JOB)と書かれた補正値……これは単語が示す通り、【停導士】によるボーナスだ。
 俺も導いた後に知ったのだが、導士系の職業は、導くことに成功するともれなくボーナスとしてステータスに補正が入るらしい(『クリス』を導いた後と前で補正値が違っていたから、多分合っているだろう)。

 俺も予想できなかったのは、(解晰夢)で本当にスキルをコピーできていたことだ。

 (解晰夢)の説明には、夢の中で使われたスキルを一つコピーできると書いてあったのだが、注意書きとして失敗する可能性もあると記されていた。
 まだどういった確率で合否を判別するかが分からない為、冗談半分でそのスキルを選択したのだが……ビックリだ。

 ただ、俺が(解析夢)をもう一度発動するとリセットされるらしいので、その前に自身で経験を積んで習得しておきたいな。
 面倒事から逃げるには、限界突破ぐらいしないと駄目そうだしな。

「――――」

 ……ってまだ演説してたのかよ。もう十分は過ぎてるんじゃないのか?
 聴覚を催眠でカットしていた為気付いていなかったが、まだユウキのお話は続いていたみたいだ……催眠終了っと。

「――みんな、強くなろう。もう誰も失わないように!」

『オォォォオオッ!!』

 あ、ちょうど終わったみたいだ。
 クラスメイトの瞳にも何やら熱いものが籠められている気がする。
 ……うんうん、青春だね~。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>儀式魔法"真理誘導"の影響が確認されました

>影響を無効化しますか?

〔YES〕/〔NO〕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ……全然青春じゃ無かった。
 儀式魔法って、凄い怪しい単語がログには表示されていたよ。

「……そういや、これって鑑定できるのか? (ポンッ)……本当にできちゃうのか~」


///////////////////////////////////////////

真理誘導

系統:精神干渉儀式魔法

■■■…………

///////////////////////////////////////////


 表示はできていたが、詳細の方は確認できなかった。
 だが、系統が分かれば充分だ。

(精神干渉魔法……真理が心理と掛かっているのか? 結局何方にせよ誘導されていることには変わりないしな……。誰が使ったかは分からないが、どうせ王道パターンなら、俺達のクラスを軍事運用か?)

 クラスメイトのスキルリストに、儀式魔法に関する物は存在していなかった。
 例え先のレベリングで入手できた物だとしても、儀式なんて時間の掛かりそうなものを昨日そこらで準備できる筈が無い。

「あぁ、やっぱり面倒だな」


 結局俺は、いつものように悩まされる。


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く