停導士の引き籠もり譚

山田 武

称号を見てみよう



自室


 精神操作に関しては、〔YES〕を押して無効化した。
 俺自身に特に変化は無かったので、無効化した実感が全く無い。

 だが、あのログが出なくなったのだから、とりあえずはセーフにしておこう。

「ログが出たんだから……後は……メニューかな? (ポンッ)……本当に出たよ」

 俺は今、ベッドの上で実験を行っていた。
 ログが出たのにメニューが出ないなんてありえない、と思ってやってみたんだが……本当に、俺の目の前にホログラムが出現した。

「えっと~、はなすにつよさにそうび……ってこれ、ド○クエかよ?」

 ――全部表示がひらがなの、ドラク○仕様だった。
 俺は結構Xが好きだったからな。
 もしかしたら、それが理由なのかもな。

 本物と少し違ったのは、音声入力が可能な部分かな?
 メニューが開けると分かってからは、ログと言うとコミュニケーションウィンドウがそのまま出るようになった……フレンドリストは全く無いけどな。

「……そういえば、こんな状況だからな~。称号の方もあるんじゃ……おっと」

 称号もまた、俺がそういうとリストとして出現した――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号

[■■]:未開放
[■■]:未開放

   ・
   ・
   ・
[討伐]:確認する
[学術]:確認する
[能力]:確認する
[特殊]:確認する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 [■■]は選ぼうとしても開くことが出来なかった。
 仕方ないので、開くことのできた四つを確認してみよう――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:[討伐] 並び替える 取得順

『ドラゴンスレイヤー』:確認する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:[学術] 並び替える 取得順

『研究者』:確認する
『探求者』:確認する
『狂学者』:確認する
『解析者』:確認する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:[能力] 並び替える 取得順

『【■■】に導きし者』:確認不可
『幻覚使い』:確認する
『洗脳者』:確認する
『眠り王子』:確認する
『限界を超えし者』:確認する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:[特殊] 並び替える 取得順

『召喚されし異界の魂』:確認する
『【■■】に選ばれし候補者』:確認不可
『世界の理に気付きし者』:確認する
『国家の陰謀を暴きし者』:確認する
『世界の理に触れし者』:確認する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 また出てきた■■は確認できないな。
 後半の部分を見てみると、絶対面倒なことになりそうなことが書かれてるし……知らないままが一番だな。
 ……確認するって便利に書いてあるな。
 ここら辺は、やっぱり○ラクエと違うみたいだ。

 少しだけ見てみるか――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『ドラゴンスレイヤー』OFF

龍殺しを成功した者に贈られる称号
龍と敵対時、全能力値が5倍となる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 やっぱり、俺達が出会ったのは龍だったんだな。
 あの場にいただけで良いみたいだ。
 一応、龍に催眠が効くかどうかも試してみたんだが、結局失敗したから何もしてないに当て嵌まると思うんだが……(もちろん、俺を龍の攻撃対象から外す為だぞ)。

 能力値五倍は凄いな。
 ユウキなら独りで龍を倒せるようになるんじゃないかな?

 ん? OFFって書かれてるな。
 ってことは、この機能に気付くまで称号を持っていても効果を使えないってことか?
 それじゃあ意味が無いじゃねぇか。

 ……かといって、これを誰かに伝える気は無いな。
 面倒なことになりそうだしな。

 さて次――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『研究者』OFF

何らかの分野で、情報理解が高い者へ贈られる称号
情報への理解度が向上する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 これは……催眠の実験をした時に入手できたのか?
 何らかの分野ってのに、臨床心理学でも組み込まれていたのだろうか。
 色々とやったからな~、一般人な俺でもある程度知識を得られたんだろう。

 情報の理解度が向上するのは嬉しいな。
 前にやった(解析夢)、あれの精度上げることができるだろうしな。
 でも、ONにするにはどうすれば良いんだろうか……


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>称号『研究者』を起動しますか(0/1)?

〔YES〕/〔NO〕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 簡単に出たな。
 だけど、一つしかONにできないなら、まだ〔NO〕だな。
 後でOFFにできないとなると困るし。

 う~ん、ちょっと気になって来たし、もうちょい見るか――


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く