停導士の引き籠もり譚

山田 武

限界を突破しよう



 次はこれかな? だいぶ気になるし――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『眠り王子』OFF

自身の夢を完全に意識下にした者へ贈られる称号
精神や記憶に関わるスキルの性能が向上する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 俺は王子ってキャラじゃないんだけどな。
 明晰夢を見れたら、この称号って貰えるのか?
 ……だとしたら、結構簡単なスキルみたいだな。

 でも、効果は有能だ。
 まさに俺用のスキル補正を兼ね揃えているし、今の所のセット候補第一位だ。

 それでも、こっちも責任を取ってみないといけないよな――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『限界を超えし者』ON(特殊)

限界突破系のスキルを習得し、何らかの壁を乗り越えたであろう者へ贈られる称号
所持している限界突破系のスキルの数分一日にn回、スキルを効果以上の性能で使用することができる(日を跨ぐとリセットされる)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ユウキ……そんな称号持ってたんだ。
 【勇者】補正って半端ないんだな、おい。
 でも、こんな感じの限界突破、見たことある気がするんだよな~……あ、デスマーチで見たんだった。
 アレは、転生者が使ってたんだっけか? 主人公に一瞬とはいえ成功させてたんだし、凄いと思ったよ……体への影響があるらしいけど。
 俺の場合、どのスキルに使えば良いんだろうか?
 このままだと、(鑑定)か(解晰夢)にしか使えないだろう。
 (催眠魔法)を強化する必要が今の所は見当たらないし。

「……でも、ON(特殊)って何だ?」

 調べてみたらすぐに分かった。
 (特殊)は、起動数の制限とは別で起動ができる称号についているみたいだ。
 他の称号を見ていたら、他にON(特殊)と記された称号を見つけたし、多分間違いないだろう(複数存在して、それらが全てONなら起動数とは別になるし)。

 こんな感じでな――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『召喚されし異界の魂』ON(特殊)

異界より招かれた者に贈られる称号
スキル(言語理解)(鑑定)を習得する
また、■の質が向上する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ――■の部分は分からなかったが、(特殊)の部分は確認できた。
 やっぱり、(言語理解)と(鑑定)は特典だったな。

「……面倒だし、考えるのはもう良いか。それより、試してみるのが一番だな」

 『限界を超えし者』を強く意識しながら、スキルを発動させる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ……っというワケで、再び夢の世界だ。
 称号『眠り王子』を起動した状態で、『限界を超えし者』と(限界突破)を使用して使ってみたのは、(解析夢)だ。
 (鑑定)でも良かったのだが、こっちの方が寝ていられるし。

 でも、特にやりたいこととかは、無いんだよな~。
 記憶にある物を夢の中に登場させることもできるが、やってもあんまり意味ないし。
 せめてメニューが出てくポンッ……暇潰しはできそうだな。

 メニュー内に内包されたシステムもある程度把握して暇になってしまった。
 なので今度は、あの精神干渉魔法についての調査を始めることにした。

 スキルに大幅な補正も掛かってるし、じっくりと時間を掛ければ詳細も分かる……と、思っていたのだが――


///////////////////////////////////////////

真理誘導

系統:精神干渉儀式魔法 

最低必要MP:1000 発動対象:異世界人

魔法の影響下に入った者の思考を著しく低下させ、発動者の有利な考え方へと誘導する
この効果は永続し、何らかの方法で解除されるまでそのままである

〔簡単な解除方法として、■くことが挙げられる。思考よりその上位、運命を■くのだから当然である byとある賢者〕

>魔法の解析率が100%に達しました

>スキルとして習得しますか?

〔YES〕/〔NO〕

///////////////////////////////////////////


 割とあっさりできてしまった。
 ……しかもスキル習得選択というおまけ付きで。

 ――賢者って誰だろうな。

 俺がこの説明文を見て思ったのはそれぐらいだ。
 別に俺が巻き込まれない魔法なら、好きにやってくれて構わない。
 大切なのは俺自身の安心であって、クラスメイトが例えどうなったとしても、別に問題は無いんだし。

 ……あ、スキルは習得で頼む。
 ただし、バレないようにできるならそれもセットで。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>〔YES〕が指定されました

>これより、『真理誘導』の詳細を再解析、アレンジ、改良します

>少し時間と処理能力が必要となります

>確実性を求める場合、【停導士】様には一端意識を遮断することを愚考します

>承認いたしますか?

〔YES〕/〔NO〕

>〔YES〕が指定されました

>これより、スキル最適化作業に移らせていただきます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 めのまえが まっくらに なった


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く